蒋介石霊言で浮かび上がる 中国に広げるべき台湾の価値観 - 大川隆法総裁 霊言Report

蒋介石霊言で浮かび上がる  中国に広げるべき台湾の価値観 - 大川隆法総裁 霊言Report

戦後処理について話し合った1943年のカイロ会談。左から、蒋介石、ルーズベルト、チャーチル。

 

2019年4月号記事

 

大川隆法総裁 霊言Report

 

蒋介石霊言で浮かび上がる

中国に広げるべき台湾の価値観

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言

「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言

大川隆法著

幸福の科学出版

 中国は近年、本気で台湾をのみ込もうとしています。

 しかし中国と関係を強める日本の政財界からは、「経済規模に勝る中国に平和的に併合されるなら構わない」「紛争や戦争さえ起きなければいい」という空気すら感じます。

 本当にそれでいいのでしょうか。そもそも、台湾が中国に支配された歴史はありません。今こそ、両国の成り立ちや建国時の指導者の考えに遡って、「何が正しいか」を考えるべきでしょう。

 大川隆法・幸福の科学総裁は2月、日本の敗戦後、毛沢東率いる中国共産党との内戦に敗れ、中国大陸から台湾に渡った蒋介石(1887~1975年)の霊言を行いました。

 台湾で白色テロ(*)などを行ったため専門家の評価は分かれますが、蒋介石の霊は南京大虐殺について、「そんなのあるわけない。日本軍が大虐殺したことなど見たことない」と語りました。

 また、「大東亜共栄圏の八紘一宇の思想は悪い思想じゃなかった。日本を盟主として、いろいろな植民地になった国を独立させて一大交流圏をつくろうとしていた。これ自体は間違っていなかった」と断じました(書籍『蒋介石の霊言』に所収)。

(*)1947年2月28日以降、蒋介石率いる中国国民党政権が台湾で行った民衆への弾圧。87年まで戒厳令が敷かれた。

 

続きは2ページ目へ

 

 

次ページからのポイント

大戦時の各国首脳の死後の行き先

この世の「常識」では分からない価値判断とは

台湾に迫る中国の脅威

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  霊言  蒋介石  台湾  南京大虐殺  八紘一宇  チャーチル  一党独裁  中国  唯物論  ウイグル  アメリカ  植民地  

Menu

Language