放置された公有地から、仕事をつくる - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part2

放置された公有地から、仕事をつくる - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part2

マイアミ市にあるペレス・アート・ミュージアム。写真:robertharding/アフロ

 

2019年4月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.05

 

人口減少ニッポン

「稼ぐまち」が人口を増やす

 

 


contents


 

アメリカ・フロリダ州のPPP先進地区

 

放置された公有地から、仕事をつくる

 

日本には、活用されないまま塩漬けになった公有地が山のようにある。

これに対しアメリカでは、民間の力を借りて、仕事や富を生み出していた。

 

 

 日本には、約2600兆円に相当する不動産があり、そのうち政府や自治体が所有する公的不動産は、約600兆円に上る。

 しかし、地方にも点在する公有地が十分に活用されているとは言えない。森友学園問題の原因となった土地やカジノの誘致予定地、中国に買収されるような土地は、公有地がらみだ。

 役所としては「公有地が塩漬けになるより、カジノでも中国人でも、買い手がつけばいい」というのが率直な気持ちだろう。

 確かに、せっかく土地があっても、一円も生まないのはもったいない。アメリカの地方都市では、活用されない公有地への民間投資を促すため、公民連携(PPP)を行うことが常識になっている。アメリカで広がるPPPは、公共事業に民間の投資や知恵を入れ、効率的な自治体経営を目指すもの。従来の日本の公共事業は、税金で民間に委託して施設を建設し、運営する第三セクターが赤字になれば、補助金で補てんする問題がある。

 そこで、人口減少の対策のヒントを得るため、PPPで公有地を活用し、魅力的な町づくりに成功するフロリダ州に向かった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

スラム化を防ぐための住宅

PPPは官民の結婚のようなもの

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  放置  公有地  PPP  スラム  ジェイソン・ウォーカー  イシア・ジョーンズ  ジェフ・コステロ  フランク・シュニッドマン  雇用創出  地方活性化  

Menu

Language