中国の覇権主義を大きく変えさせる年に - 大川隆法総裁 講演会Report 「『青銅の法』講義」

中国の覇権主義を大きく変えさせる年に - 大川隆法総裁 講演会Report 「『青銅の法』講義」

 

2019年3月号記事

 

大川隆法総裁 講演会Report

 

中国の覇権主義を大きく変えさせる年に

「『青銅の法』講義」

2019年1月6日 東京正心館

 

青銅の法

青銅の法

大川隆法著

幸福の科学出版

 大川隆法・幸福の科学総裁による法話「『青銅の法』講義」が、1月6日、東京都内の教団施設「東京正心館」で開催された。年初に行われる講義は、その年の方針を示すものになっている。

 "青銅"の意味するところは、ヨーロッパの教会に見られるような、宗教施設の重厚な青銅の扉だ。かつて世俗権力との戦いなどが起きた時、信仰者たちは青銅の扉の内側に立て籠もり、信仰を護ってきた。

 大川総裁は、「普通の人間なら流されてしまう考え方に流されないで、信仰の扉をガチッと持って、邪悪なるもの、自分を惑わすようなものを入れず、護るべきものは護らなければいけない」と述べ、世界に教えを広げていく不退転の決意を示した。

 

 

 

 

世界に自由・民主・信仰を

 また、「自由がない国」の問題についても、言及がなされた。  例えばタイでは、王室を批判すると不敬罪に問われ、実刑判決が下されるなど、言論の自由が制限されている。

「(タイの)政治の民主化、言論の自由、信教の自由のところに揺さぶりをかけて、緩くする必要があります。親日の仏教国なので、あり方を変えたいと思っています

 大川総裁はこのように述べ、自由の大切さを訴えた。

 また、香港や台湾でも、中国の影響力が強まっており、自由、民主、信仰が失われつつある。

 中国については、「今年は、去年までの覇権主義、拡張主義から大きく路線を変えさせる年」と指摘。「言論の自由、報道の自由、信教の自由など、もっとオープンにしていきたい」とし、自由、民主、信仰の価値観を広げていくことを呼びかけた。

 最後に大川総裁は、成功すればするほど自らを振り返ることが大事だとして、謙虚さの価値を説いた。

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。

詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

・幸福の科学サービスセンター Tel:03-5793-1727

 火~金/10:00~20:00 土日祝(月曜を除く)/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

タグ: 2019年3月号記事  大川隆法  講演会  自由  民主  信仰  青銅の法  中国  覇権主義  東京正心館  タイ  言論の自由  信教の自由  

Menu

Language