2019年 安倍外交が行き詰まる - トランプvs.習近平 2019年を「南シナ海」で読み解く

2019年 安倍外交が行き詰まる - トランプvs.習近平 2019年を「南シナ海」で読み解く

2018年10月に訪中した安倍首相。

 

2019年2月号記事

 

トランプvs.習近平

 

2019年を「南シナ海」で読み解く

 

来年の世界情勢は、やはり米中の対立が中心だ。

両国は貿易の関税問題では妥協できても、南シナ海問題は譲れない一線となっている。

その問題から来年の流れを見据えたい。

(編集部 山本慧、長華子)

 


contents

2019年 安倍外交が行き詰まる - トランプvs.習近平 2019年を「南シナ海」で読み解く

2019年 安倍外交が行き詰まる - トランプvs.習近平 2019年を「南シナ海」で読み解く

 


 

日中関係

 

2019年 安倍外交が行き詰まる

強硬姿勢から「中国寄り」になり、様子がおかしい。その理由とは。

 

 アメリカが中国との競争から対決に入るなか、安倍首相は2018年10月に中国を訪れ、日中関係を「競争から協調」路線に変え、一帯一路などに協力することに合意した。

 経済界も、日立製作所は一帯一路を通るタイの高速鉄道計画に関心を示し、トヨタも燃料電池車や自動運転車の中国生産に言及するなど、中国重視を打ち出している。

 だが、違和感を覚えるかもしれない。安倍政権は中国に強硬的であり、インド太平洋戦略によって対中包囲網の形成を率先していた。日本企業に対しても、中国の覇権拡大に手を貸すのはいかがなものか、と。

 産経新聞特別記者の田村秀男氏も、「日本は事業の透明化を条件に一帯一路に協力しますが、その前に中国の不当な金融システムをやめさせるのが筋です」と、中国の自由化を求めないやり方を批判する。なぜ安倍政権の対中外交は「変節」したのか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

日米同盟の分断に乗っかる

南シナ海大戦を止める

国防強化で米国から自立する

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年2月号記事  トランプ  習近平  南シナ海  安倍外交  中国寄り  日米同盟  南シナ海大戦  国防強化  

Menu

Language