なぜ歴史から消されたのか 日本神道の「創造神」 天御祖神

なぜ歴史から消されたのか 日本神道の「創造神」 天御祖神

 

2018年11月号記事

 

なぜ歴史から消されたのか

日本神道の「創造神」
天御祖神(あめのみおやがみ)

 

漢字渡来以前の日本には、高度な文明と宇宙創造の「祖(をや)」への信仰があった。
歴史書『ホツマツタエ』などの「ヲシテ文献」についてまとめた。

(編集部 駒井春香)

 

 現在、『古事記』『日本書紀』が「記紀」と呼ばれ、かつての日本のあり方を伝える歴史書とされている。しかし、古代日本の姿を伝える歴史書はこれだけではない。『ホツマツタヱ』そして『ミカサフミ』、『フトマニ』という文献が存在する。

 『ホツマツタヱ』は1966年に発見された。「ヲシテ文字」という古代文字で書かれており、11万字以上、五七調の長歌体。全40アヤ(章)で構成されている。2012年12月には富士山の麓の民家で新たに『ミカサフミ』の「ワカウタのアヤ」が発見された。これらを総称して「ヲシテ文献」と呼び、専門家らによる研究が続けられている。

 

『ホツマツタヱ』写本

1966年に発見された『ホツマツタヱ』四十章の写本12冊。和紙に墨書きされた和綴じで、現在は国立公文書館(東京都千代田区)に所蔵されている。さらに古い完写本は滋賀県の藤樹記念館に保管されており、江戸時代中頃のものと推定される(写真提供:池田満)。

 

「偽書」疑惑は?

江戸時代には娯楽としてさまざまな書物が発刊された。『ホツマツタヱ』などのヲシテ文献もその仲間であり、創作ではないかという意見もある。しかし記紀の内容との比較対比や、全国各地に遺る古い伝承との一致、国語がヲシテ文字から醸創されたとみられることなどから、偽書ではなく「記紀の原書」であるという説が近年一般化しつつある。

 

現代語への翻訳は?

発見者の松本氏は、ヲシテ文字とひらがなを対応させ、類推を重ねることで読み方や単語の意味をあてていく手法で解読を進めた。松本氏逝去後の現在も、弟子筋の研究者などが解読を続け、さまざまな翻訳本が発刊されている。

ヲシテ文献研究家・池田満氏による翻訳書類やメモの一部。

 

発見者は?

『ホツマツタヱ』発見者の松本善之助氏は、ピーター・ドラッカーに手紙を書いて日本初の発刊を取りつけ、『ドラッカー 現代の経営』の編集を行うなどした敏腕編集長だった。東京都神田の古書店で偶然『ホツマツタヱ』を発見して以来、生涯をヲシテ文字の解読と研究に費やす。『ミカサフミ』『フトマニ』を発見するなど、ヲシテ文献の第一人者として多大な功績を遺した。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

ヲシテ文献研究家・池田満氏インタビュー

本来の日本精神・縄文哲学とは

古代の日本文明は富士山にあり?

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年11月号記事  日本神道  ホツマツタエ  ヲシテ文献  池田満  松本善之  著名知識人  根源祖  天御祖神  天照大神  縄文哲学  

Menu

Language