rss

カテゴリ「その他:文化」の記事一覧

  • 天照大神の不快感 皇室に我執と不浄はないか - ニュースのミカタ 2

    2020.10.29
    天照大神の不快感 皇室に我執と不浄はないか - ニュースのミカタ 2

    2020年12月号記事   ニュースのミカタ 2 政治   天照大神の不快感 皇室に我執と不浄はないか   近年の皇室の騒動に、国民の不満が募っています。「第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に寄せた佳子さまのお言葉の映

    ...

  • 奈良の大仏に「信仰と情熱」を捧げた僧侶の物語

    2020.07.21
    奈良の大仏に「信仰と情熱」を捧げた僧侶の物語

    近鉄奈良駅前には、大仏建立に尽力した行基の像が建てられている。   疫病や天変地異が続いた奈良時代──。   鎮護国家を祈念して造られたのが、奈良の国分寺である東大寺です。当時世界最大の金銅仏像だった「奈良の大仏」が鎮座しています。   大仏は2度にわたる戦火で焼失しましたが、その都度、民の寄付によって再建・再興さ...

  • 「奈良の大仏」建立の軌跡 創建時の大仏殿の大きさは、現在の1.5倍

    2020.07.06
    「奈良の大仏」建立の軌跡 創建時の大仏殿の大きさは、現在の1.5倍

      コロナ禍で、注目を集めている「都(みやこ)」があります。   古都・奈良──。   奈良の国分寺として建てられた東大寺には、鎮護国家を祈念して造られた「奈良の大仏」が鎮座しています。   大仏と大仏殿の創建時の建造費は、現在の価値で約4657億円。しかも、2度にわたる戦火により、焼失と再建を繰...

  • 大毘盧遮那仏像 建立の奇跡

    2020.06.29
    大毘盧遮那仏像 建立の奇跡

    画像は、現在の大仏を基に、編集部で作成したもの。   2020年8月号記事   大毘盧遮那仏像 建立の奇跡   奈良・東大寺にある大毘盧遮那仏像、いわゆる「奈良の大仏」は、 天然痘の流行を機に造られた、世界最大の金銅仏像だ。 その建立の軌跡をたどると、ある奇跡が浮かび上がってきた。 (編集部...

  • 疫病退散の祭りがコロナに負けていいのか? 本来の意味を見つめる時

    2020.05.08
    疫病退散の祭りがコロナに負けていいのか? 本来の意味を見つめる時

    写真:Chiharu / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 新型コロナで、中止が相次ぐ日本の祭り 祇園祭や天神祭は「疫病退散」の意味がある コロナの蔓延は、日本人の宗教的な原点を見つめる教訓に     中国発・新型コロナウィルスの感染拡大により、全国各地...

  • 伊勢神宮も東大寺も! 日本人として知っておきたい疫病の日本史

    2020.05.04
    伊勢神宮も東大寺も! 日本人として知っておきたい疫病の日本史

    画像:beeboys / Shutterstock.com   5月6日で、緊急事態宣言の発令から1カ月を迎えます。   同宣言の発令には、人と人の接触を減らし、新型コロナウィルスの感染を封じ込める狙いがあります。しかし、感染収束の糸口は依然として見つかっておらず、緊急事態宣言がさらに1カ月延長される見通しです。医学や公衆衛生に関するさまざ...

  • WHOは否定しているけれど…… コロナ感染、火葬国は少ない!? - ニュースのミカタ 4

    2020.04.30
    WHOは否定しているけれど…… コロナ感染、火葬国は少ない!? - ニュースのミカタ 4

    仏教では、釈迦が火葬されたこともあり、火葬が主流となっている。「肉体に執着を遺さない」という考え方が、背景にある。写真提供:ピクスタ   2020年6月号記事   ニュースのミカタ 4 文化   WHOは否定しているけれど…… コロナ感染、火葬国は少ない!? &n...

  • 天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

    2020.04.13
    天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、葬儀の規模縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   【どうして供養が大切なのか】 第1回目 : 「どの...

  • 「いい通夜でした」──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(2)】

    2020.04.06
    「いい通夜でした」──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(2)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、大人数が集まる通夜・葬儀を行う規模の縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   第2回目は「いい通夜でした」。 ...

  • 「どのような葬儀にしようか」──幸福の科学の葬儀 【どうして供養が大切なのか(1)】

    2020.03.23
    「どのような葬儀にしようか」──幸福の科学の葬儀 【どうして供養が大切なのか(1)】

      「家族葬」「後葬」「直葬」「0葬(ゼロ葬)」……。さまざまな葬儀の形がある今、問われているのは「なぜ葬儀や供養が必要なのだろう」ということだ。   このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみたい。   第1回目は「どのような葬儀にしようか」。 ...

Menu

Language