ベトナムで大規模な反中デモ フィリピン・マレーシア・インドネシアでも反中姿勢強まる

 

ベトナムでは6月10日、大規模な反中デモが行われました。その理由は、「経済特区における外国人への長期貸借を検討する政府に対する抗議」でした。

 

ベトナム国会は、「経済特区において土地のリース期間を最長99年間とすること」を定める経済特区法案を検討していました。国民はこれに対し、「国の領有権を侵害し、他国(中国)へ領土を譲渡することと同然だ」と主張し、抗議デモを行ったのです。その背景には、ベトナム共産党の一党独裁に対する批判もあると見られます。

 

東南アジアでは現在、ベトナム以外にも、フィリピン、インドネシア、マレーシアなどで反中意識が高まっています。本欄では、日本の安全保障上、重要な位置にある東南アジアの最近の動きを見ていきます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language