トランプが「核合意」から離脱 イランの核を容認しない理由 - ニュースのミカタ 1

トランプが「核合意」から離脱 イランの核を容認しない理由 - ニュースのミカタ 1

2017年末にイランで起きた反政府デモの様子。写真:AP/アフロ

 

2018年7月号記事

 

ニュースのミカタ 1

国際

 

トランプが「核合意」から離脱

イランの核を容認しない理由

 

 中東の衝突が深刻さを増しています。トランプ米大統領は5月上旬、2015年にイランと英仏など6カ国で結んだ核合意から離脱し、経済制裁を再開すると発表しました。

 イスラエルのネタニヤフ首相は4月下旬、イランが核開発を進めていたことを示す極秘資料を公開し、「イランは核合意に違反している」と主張。その後、イスラエルは隣国のシリアにあるイランの軍事施設を70発以上のミサイルで攻撃しました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年7月号記事  ニュースのミカタ  トランプ  核合意  離脱  イラン  北朝鮮  独裁国家  デモ  イスラム  原理主義  

Menu

Language