イランで異例の反政府デモ イスラム圏に吹き始めた「自由の風 」- ニュースのミカタ 2

イランで異例の反政府デモ イスラム圏に吹き始めた「自由の風 」- ニュースのミカタ 2

2017年12月末にテヘラン大学構内で開かれた反政府デモで、物価上昇などに抗議の声を上げる学生たち。写真:AP/アフロ

 

2018年3月号記事

 

ニュースのミカタ 2

国際

 

イランで異例の反政府デモ

イスラム圏に吹き始めた「自由の風」

 

 イランでは年末年始に、反政府デモが各地で多発しました。

 一部の地域ではデモ隊と治安部隊が衝突し、20人以上が死亡。少なくとも数百人のデモ隊が拘束されたとみられます。

 デモのきっかけは、核合意後もイランの経済が好転しないことに対する民衆の不満です。

 現在、政権を握るのは、アメリカに対して協調路線の外交を模索する穏健派のロウハニ大統領。ロウハニ氏は昨年5月の選挙で再選した際、「対外開放政策を進め、国民に自由をもたらす」と主張し、多くの若者の支持を集めました。

 首都テヘラン在住の30代男性は本誌の取材にこう語ります。

「多くの国民は新政権がイランをより自由な国にしてくれると期待していました。しかし結局、自由化や女性の地位向上などは実現せず、期待を裏切られたと感じている国民が多いです」

 男性は、近隣のサウジアラビアで急速に進む自由化政策を見て、自由への思いを募らせたイラン人も多いと指摘します。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年3月号記事  ニュースのミカタ  イスラム  テヘラン大学  デモ  民主主義  反政府  ロウハニ政権  ハメネイ師  自由  

Menu

Language