重税時代に経営者が打つべき手

重税時代に経営者が打つべき手

 

2018年2月号記事

 

個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。

 

重税時代に経営者が打つべき手

大川隆法 未来への羅針盤 World Teacher's Message No.252

2010年6月5日 幸福の科学・総本山正心館における質疑応答より

 

 

【問】「会社も左傾化すると倒れる」というお話がありました(*1)。例えば国の決まりによって社会保険の加入などが義務づけられ、会社は一定額を負担しなければなりません。一企業では解決できない問題をどのように考えればいいでしょうか。
(*1)質疑応答の前に行われた法話「『富国創造論』講義」。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年2月号記事  羅針盤  左傾化  社会保険  税金  内部留保  年金  天引き  経営  社会福祉  付加価値  創造性  優先順位  

Menu

Language