中国がアメリカに北朝鮮対応に「100日猶予」を要求 トランプ外交の今後に注目

中国がアメリカに北朝鮮対応に「100日猶予」を要求 トランプ外交の今後に注目

 

《本記事のポイント》

  • 北朝鮮への対応をめぐり、中国がアメリカに「100日猶予がほしい」と要求
  • 中国が北朝鮮にできる効果的な経済制裁は石油供給のストップ
  • アメリカからこれまでにない圧力を受ける中国の、今後の北朝鮮への対応に注目

 

北朝鮮問題をめぐり、中国の習近平・国家主席が、4月に行ったアメリカのトランプ大統領との会談で、北朝鮮の行動を抑止させる猶予期間として「100日間」を求めていたことが分かった。22日付朝日新聞などが報じた。

 

北朝鮮は会談後もなお、ミサイルの発射を繰り返している。5月14日に、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」を発射。このミサイルは、射程が約5000キロ達すると見られ、アメリカ本土を射程にできるICBM(大陸間弾道ミサイル)の完成につながると言われている。

 

さらに21日夕方には、弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射した。高度約560キロまで上昇し、約500キロ飛行して、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下した。

 

 

中国からの石油の供給を止めることがカギ

挑発を続ける北朝鮮の行動を止めるには、経済制裁が有力な手段の一つだが、それには中国の協力が欠かせない。

 

昨年の北朝鮮の貿易額のうち、中国が9割超を占めている。現在の中国は、北朝鮮への圧力として、今年の間は、同国からの石炭を輸入しないという措置を取る。だが、4月24日付CNNによると、中国が今年第1四半期の石炭の輸入を半減させても、全体の輸入量は18%上昇したとのデータもあるといい、制裁の効果が疑問視されている。

 

より効果的な経済制裁は、中国が北朝鮮への石油の供給を止めることにある。これをストップすれば、北朝鮮は簡単に締め上げられ、身動きが取れなくなる。

 

ただ、金正恩体制が崩壊すれば、何十万人もの難民が中国に押し寄せるリスクが考えられるため、中国の政策上の優先事項は、「北朝鮮の現体制の安定化」と考えられる。中国としては圧力をかけつつも、北朝鮮を対話路線に戻したい強いがあると言えよう。

 

トランプ氏が北朝鮮に強圧的な姿勢を取ったため、中国はこれまでに見せなかった動きをしている。これはトランプ政権の成果と見るべきだ。中国が100日の間に効果的な措置を取るかどうか、今後の動きに注目である。

(小林真由美)

 

【関連記事】

2017年5月19日付本欄 北朝鮮崩壊には、人民の「思想転換」が不可欠

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13003

 

2017年5月15日付本欄 文在寅政権誕生、日本にとっての3大リスク ちっとも「平和的」ではない

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12993

 

2017年4月29日付本欄 北朝鮮とアメリカは戦争するのか?トランプ政権の本気度

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12941

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 中国  アメリカ  北朝鮮  100日猶予  トランプ  外交  習近平  ミサイル  経済制裁  

Menu

Language