ユネスコ記憶遺産 なぜ登録されたのか? いまだに誰も知らない中国の「南京文書」の全容

ユネスコ記憶遺産 なぜ登録されたのか? いまだに誰も知らない中国の「南京文書」の全容

中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館。写真:Imaginechina/アフロ

 

2016年7月号記事

 

ユネスコ記憶遺産

 

なぜ登録されたのか?

いまだに誰も知らない中国の「南京文書」の全容

 

ユネスコ記憶遺産に登録された「南京大虐殺文書」。

このほど幸福実現党の調査により、重大な事実が判明した。

(編集部 山下格史、山本慧)

 

 

 昨年10月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に「中国の南京大虐殺文書」(以下、南京文書)が登録された。

 南京大虐殺とは、日中戦争の最中であった1937年12月、中国の国民党軍が守る南京城を日本軍が攻撃し、最大30万人を殺したと言われる事件。戦後、日本軍の残虐さを示す事件として喧伝されてきたが、日本の研究により、嘘の歴史であることが分かっている。

 この嘘の歴史の登録で日本の名誉が貶められた"悪夢"から8カ月が経つ今、この問題を調査している幸福実現党により、このほど新たに2つの重大な問題が判明した。

 まず、現在も中国は、登録した「南京文書」の全容を提出しておらず、ユネスコも日本政府も、全容を把握していないという点。

 そして、日本政府が昨年、中国の公文書館を訪れ、資料の一部を入手したものの、その資料も虐殺を示すものではなかったという点だ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

中国は全資料を揃えずに申請

新たに分かった「南京文書」

政府見解が登録の決め手

自民党が継承する自虐史観の歴史~日本の誇りが「失われた30年」

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年7月号記事  ユネスコ記憶遺産  南京大虐殺  南京文書  中国  歴史  安倍首相  自虐史観  自民党  政府見解  登録  

Menu

Language