新・日本列島改造論 もう田舎とは呼ばせない Part 3

新・日本列島改造論 もう田舎とは呼ばせない Part 3

 

2016年5月号記事

 

もう田舎とは呼ばせない

新・日本列島改造論

 

働きたくても仕事がない。これが地方の悩みだ。だが、日本を繁栄させるビジョンはある。ここで「新・日本列島改造論」とも言うべき交通革命、未来産業投資、農業などの大胆な自由化の3つを紹介したい。

(編集部 山本慧)

 


contents

 

 

(1)新幹線を引けば人口は増える

 

クリックで拡大

 

 新幹線がない地域では、若者が仕事を求めて大都市に流出するため、過疎化が進み、年金頼みの高齢者の割合が高くなっている(上図)。

 つまり、日本全国に新幹線を通して、地方と都市部の移動時間を短くすれば、企業や工場の進出に加え、観光客の増加が期待できる。若者が都市に留まって帰って来ない状況も防げる。

 実際に、開業から1年を迎えた北陸新幹線では、北陸と首都圏を行き来した人が、開通前の在来線と比べて、3倍となる約900万人に増えた。

 高速道路の整備や有料道路の無料化、航空機の活用も進め、地方と都市の交流を促す「交通革命」を起こせば、地方はまだまだ発展できる。キーワードは「時短」だ。

 

 

(2)地方の海に眠る300兆円

 日本の近海には、300兆円に相当する石油などの海洋資源が眠っているとされる。

 天然ガスの一つであるメタンハイドレートは、日本の100年分の需要を賄う埋蔵量が確認されており、東海沖では、天然ガスの国内消費14年分の資源量が見つかっている。

 こうした資源を開発すれば、地方の港には、石油プラントなどの工場が立ち並び、タンカーもひっきりなしに接岸するだろう。不振が続く造船業の復活も見込める。経済波及効果は年間8兆円、新規雇用者10万人が創出されると推計されている。

 新エネルギーを含む未来産業への投資は、地方を救う起爆剤になる。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

バラマキではなく、新しい仕事をつくる「ジョブ・クリエーション」」

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年5月号記事  新・日本列島改造論  新幹線  人口  メタンハイドレート  農業  規制改革  ジョブ・クリエーション  

Menu

Language