超音速旅客機「アンティポード」のコンセプト発表 東京―ニューヨーク間がわずか22分

 

空の「交通革命」の幕が開けようとしている。

 

カナダの工業デザイナーであるチャールズ・ボンバルディア氏はこのほど、超音速旅客機「アンティポード」のコンセプトを発表した。この旅客機は乗客10人まで収容可能で、マッハ24で飛行する。東京―ニューヨーク間であればわずか22分だ。

 

アンティポード(antipode=正反対の位置にあるもの)という旅客機名からは、作り手側の思いが感じられる。ボンバルディア氏は米フォーブスのインタビューの中で、「地球の裏側に、できる限り早く行ける航空機のコンセプトを作りたかった」と語っている。

 

ボンバルディア氏は、カナダの重工大手ボンバルディア社の創業者の孫にあたる。技術に賭けた祖父の血を着実に受け継いでいるようだ。

 

 

大気中の酸素を燃やし稼働する

アンティポードには大きく2つの特徴がある。ロケットブースターとスクラムジェットエンジンだ。

 

ロケットブースターはアンティポードの両翼に搭載される予定。アンティポードを飛行に適した、高度1万2千メートルまで打ち上げる。

その後、スクラムジェットエンジンに切り替え、目的地に向かう。このエンジンは、大気中の含まれる酸素を燃やすことで稼働する。従来のように、重い酸素タンクを積む予定はないという。

 

ただ、乗り越えなければいけない壁も多い。

 

超音速で移動するため、乗員には強い重力がかかり、体にとって大きな負担となる。そのため、重力を軽減させる必要がある。また、高速移動に伴い発生する、ソニックブーム(衝撃波)にどう対処するかという問題も残っている。

 

 

朝は東京、昼はニューヨーク

実用化に向けて、課題は多いものの、アンティポードが完成すれば、ビジネスのあり方が変わるだろう。

 

例えば、朝は東京で仕事をし、昼からニューヨークの支社で打ち合わせをし、夜には日本に戻り、家族と過ごす、ということも可能になる。アンティポードは、ビジネスマンにとって貴重な「時間」という資産を生み出す。

 

超音速旅客機の開発は日本でも取り組まれている。JAXAはマッハ5程度で飛ぶ「静かな超音速旅客機」の開発を2025年まで実現させる予定だ。

 

イギリスとフランスが共同開発したコンコルドが2003年に引退して以来、その後を継ぐ超音速旅客機は登場していない。アンティポードにかかる期待も自然に大きくなるだろう。航空宇宙分野にはまだまだ発展の余地がある。

(冨野勝寛)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『ロケット博士・糸川英夫の独創的「未来科学発想法」』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1275

 

【関連記事】

2015年11月18日付本欄 米企業が2023年までに超音速旅客機の実用化を目指す

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10473

 

2013年8月16日付本欄 マッハで走るチューブ列車構想 米テスラ・モーターズ創業者が発表 

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6493

 

2012年12月7日付本欄 朝NY出発、昼に東京到着のマッハ5.5のエンジン 英企業が開発成功を発表

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5250

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language