未来産業のたまご 第3回 - 「なぜ」の積み重ねが新しいアイデアを生む

未来産業のたまご 第3回 - 「なぜ」の積み重ねが新しいアイデアを生む

 

2016年3月号記事

 

夢創造 代表取締役社長

野口 勝明

(のぐち・かつあき)1956年、栃木県那珂川町生まれ。大学で化学を専攻した後、環境コンサルティング会社を経て、84年、株式会社環境生物化学研究所を設立。2010年、株式会社夢創造を設立した。

 

未来産業のたまご

 

第3回

「なぜ」の積み重ねが新しいアイデアを生む

 

世界的な食糧危機を救う可能性を秘める「陸上養殖技術」。

日本にはこの分野でハイレベルな技術がある。そのうちの一つ、温泉水による、とらふぐ養殖事業に取り組む野口勝明氏に話を聞いた。

 

出荷直前の温泉とらふぐ。つかむと膨らむ。

「今でこそ有名だけど、『とらふぐ』って初めて聞いた時には『こんな山の中で?』と思いましたよ」

 タクシードライバーが驚くのも無理はない。栃木県那珂川町。山と川に囲まれた自然豊かな「海のない」町に、「海水魚」であるとらふぐを陸上養殖する「株式会社夢創造」はある。

 

 

温泉水の成分と熱に秘密

 通常、真水では海水魚は育たない。夢創造の社長を務める野口勝明氏は、那珂川町の温泉水の成分に着目した。

「ここら一帯から出る温泉水は塩分を含んでいるんです。その塩分濃度は0・9%で、魚の体液の塩分濃度とほぼ等しい。淡水海水問わず、あらゆる魚が一番生きやすい濃度なんです

 海水魚はえらから塩分を排出することで、体内の塩分濃度を一定に調節している。夢創造の温泉水では、えらで塩分濃度を調整しなくてよい分、栄養分をロスなく取り込むことができる。

 温泉水の熱も一役買っている。

 とらふぐは温帯性の魚であり、冬場になると、暖かい南シナ海に南下する。しかし、通常の養殖では南下できないことから、寒さに耐えるため冬眠状態になり、餌を食べなくなる。

 一方、夢創造では、温泉の熱で一年中暖かい環境をつくる。とらふぐは冬眠しなくて済み、その間も餌を食べ、成長できる。とらふぐの出荷サイズである1キログラムに成長するまでの期間は、冬眠をはさむ養殖では1年半だが、温泉とらふぐは1年。毎年出荷できるのだ

温泉水を利用した水槽では、淡水魚の金魚と海水魚のとらふぐが一緒に泳ぐ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年3月号記事  未来産業のたまご  夢創造  野口勝明  温泉水  とらふぐ  養殖  地域活性化  著名知識人  

Menu

Language