rss

タグ「魂」の記事一覧

  • プーチンの過去世 - 新・過去世物語 人は生まれ変わる

    2016.09.29
    プーチンの過去世 - 新・過去世物語 人は生まれ変わる

      2016年11月号記事   新・過去世物語 人は生まれ変わる   プーチンの過去世   ウラジーミル・ プーチン プロフィール (Vladimir Putin)1952年~ レニングラード(現サンクトペテルブルク)の貧しい家庭に生まれ、大学卒業後、ソ連の諜...

  • 障害者の生きる意味 - 相模原・障害者施設殺傷事件

    2016.08.30
    障害者の生きる意味 - 相模原・障害者施設殺傷事件

    事件の起きた津久井やまゆり園には住民や関係者が相次いで献花に訪れた。写真:読売新聞/アフロ   2016年10月号記事   相模原・障害者施設殺傷事件 障害者の生きる意味   障害者施設で起きた戦後最悪とも言われる殺傷事件に、日本も世界も震撼した。 これをどう見るべきか。 (編集部 河本晴恵...

  • 釈量子の志士奮迅 [特別編] - 緊急対談「相模原事件を考える」  「障害があっても魂は健全」を常識に

    2016.08.29
    釈量子の志士奮迅 [特別編] - 緊急対談「相模原事件を考える」 「障害があっても魂は健全」を常識に

      2016年10月号記事   幸福実現党 党首 釈量子の志士奮迅   特別編   「障害があっても魂は健全」を常識に 緊急対談 釈量子党首 × 諏訪裕子理事長 「相模原事件を考える」   幸福実現党 党首 釈 量子 ...

  • 「障害者に人格はあるのか」にどう答えるか 相模原・障害者施設殺傷事件

    2016.07.29
    「障害者に人格はあるのか」にどう答えるか 相模原・障害者施設殺傷事件

      神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた、戦後最悪の大量殺傷事件。私たち1人ひとりの、障害者のとらえ方が問われる事件と言えるだろう。   植松聖容疑者は事件の起きた施設に勤務していたが、今年2月に衆院議長に「障害者は安楽死させるべきだ」との内容の手紙を渡している。施設でも同様の発言を繰り返したことで退職。「そう病」と診断されて措...

  • 「怪力乱神を語らず」の孔子が語る霊界観 中国と香港の未来とは

    2014.11.20
    「怪力乱神を語らず」の孔子が語る霊界観 中国と香港の未来とは

      大川隆法総裁霊言抜粋レポート   孔子が「怪力乱神」を語らなかった理由とは 「孔子、『怪力乱神』を語る」 2014年10月11日 幸福の科学教祖殿大悟館 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にし...

  • 儒教は魂を浄化し高度な精神を目指すものだった - 「孔子、『怪力乱神』を語る」 -  大川隆法総裁 霊言レポート

    2014.10.30
    儒教は魂を浄化し高度な精神を目指すものだった - 「孔子、『怪力乱神』を語る」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

      2014年12月号記事   公開霊言抜粋レポート   儒教は魂を浄化し高度な精神を目指すものだった 「孔子、『怪力乱神』を語る」 10月11日 幸福の科学教祖殿大悟館 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トラン...

  • 「幸福なんて考えること自体が不幸」 - 「老子の幸福論」 -  大川隆法総裁 霊言レポート

    2014.10.30
    「幸福なんて考えること自体が不幸」 - 「老子の幸福論」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

      2014年12月号記事   公開霊言抜粋レポート   「幸福なんて考えること自体が不幸」 「老子の幸福論」 10月18日 幸福の科学教祖殿大悟館 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失...

  • 「人間とは何か」を定義する - 「『人間学概論』講義」 - 大川隆法総裁 法話レポート

    2014.09.30
    「人間とは何か」を定義する - 「『人間学概論』講義」 - 大川隆法総裁 法話レポート

      2014年11月号記事   法話抜粋レポート   「人間とは何か」を定義する 「『人間学概論』講義」 8月24日 幸福の科学教祖殿大悟館     「人間学概論」講義 人間の「定義と本質」の探究 大川隆法著 幸...

  • シリーズ 現代の信仰者 5

    2012.07.26
    シリーズ 現代の信仰者 5

    高知厚生病院の緩和ケア病棟(全室個室)で入院患者を回診する山口龍彦医師。   2012年9月号記事   シリーズ 現代の信仰者 5 信仰――現代の日本ではその価値がおとしめられているが、信仰とは「人間の条件」そのものである。信仰なくば、すべては空しく、信仰なくば、生きる意味すら分からない。 現代に生きる信仰者の「生きざま」を...

  • 6歳未満で初の脳死臓器移植 霊界を前提とした医学の進歩を - Newsダイジェスト

    2012.06.25
    6歳未満で初の脳死臓器移植 霊界を前提とした医学の進歩を - Newsダイジェスト

    6 歳未満男児の脳死判定で、日本臓器移植ネットワークが記者会見。写真:時事   2012年8月号記事   富山大学付属病院に入院していた6歳未満の男児が改正臓器移植法に基づいて脳死と判定され、心臓・肝臓・腎臓の臓器移植手術が6月に行われた。6歳未満の幼児の脳死判定は、国内で初めてとなる。 2010年7月に改正臓器移植法が全面施行...

Menu

Language