rss

タグ「社会主義」の記事一覧

  • 福島瑞穂・社民党党首(守護霊)「中国に占領されたら、社民党と共産党が内閣をつくる」

    2013.07.12
    福島瑞穂・社民党党首(守護霊)「中国に占領されたら、社民党と共産党が内閣をつくる」

      公開霊言抜粋レポート   「中国に占領されたら、社民党と共産党が内閣をつくる」 福島瑞穂・社民党党首(守護霊) 『「そして誰もいなくなった」〔公開霊言〕―社民党 福島瑞穂党首へのレクイエムー』 2013年7月8日収録 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のもの...

  • 松下幸之助が野田首相に警告する消費税増税後の日本経済

    2012.08.15
    松下幸之助が野田首相に警告する消費税増税後の日本経済

      公開霊言抜粋レポート   『政治生命尽きた野田首相に 恩師からの「餞別」』 松下幸之助が警告する増税後の未来 「松下幸之助の未来経済リーディング―消費税増税と日本経済―」 2012年8月10日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり...

  • 公開霊言抜粋レポート・政治経済編 恩師・松下幸之助が民主党・野田政権を一喝 「君、パナソニックを潰す気か」

    2012.08.14
    公開霊言抜粋レポート・政治経済編 恩師・松下幸之助が民主党・野田政権を一喝 「君、パナソニックを潰す気か」

      2012年10月号記事     公開霊言抜粋レポート・政治経済編 恩師・松下幸之助が民主党・野田政権を一喝 「君、パナソニックを潰す気か」 「松下幸之助の未来経済リーディング ――消費税増税と日本経済――」 (8月10日収録)   消費税増税法が民自公の三党合意に基づき...

  • 増税の陰にひそむ社会主義的発想を警戒せよ "Newsダイジェスト"

    2011.08.28
    増税の陰にひそむ社会主義的発想を警戒せよ "Newsダイジェスト"

      2011年10月号記事     増税の大合唱が止まらない。 内閣府は、12日に中長期の経済財政の試算を発表。消費税を5%上げた場合、名目成長率で3%を実現したとしても、2020年の段階では財政赤字が9兆円も残るとし、さらに増税が必要であると示唆した。 その前日の10日には、読売新聞が紙上で、復興財源として...

  • 日本を蝕む3つの危機(第2部)

    2011.05.01
    日本を蝕む3つの危機(第2部)

      2011年6月号記事     第2部 日本を蝕む3つの危機     (1)「成長はいらない」という思想──社会主義が復活する   「節電」と「自粛」。 3・11後の経済は、まさにこの二つの言葉に象徴される。 しかし、街灯の消えた幹線道路...

  • 菅首相のネタ本? ロールズ「格差原理」を検証

    2010.07.05
    菅首相のネタ本? ロールズ「格差原理」を検証

    2010年9月号記事   若い世代に知ってほしい政治哲学講義 「最小不幸社会」に退場勧告!   菅政権発足以来、人口に膾炙した「最小不幸社会」という言葉。この発想の根っこには、アメリカの政治哲学者ジョン・ロールズの唱えた「格差原理」があると指摘する人は多い。 しかし、格差原理は決して日本を幸福にすることはない。日本はむしろ「...

  • CO2温暖化説は  正しいか?

    2009.07.21
    CO2温暖化説は 正しいか?

      2009年9月号記事 揺らぎ始めた「不都合な真実」 経済の足を引っ張る新たな社会主義   「地球温暖化はCO2が原因ではなく、危機的でもない」── 国際的な動きの前提を覆す、そんな研究結果が増えている。 日本政府は6月にCO2排出削減の中期目標を発表したがそもそも前提が間違っていたら、その責任は誰がとるのか? ...

  • 日本の社会主義化を防ぐために

    2009.05.19
    日本の社会主義化を防ぐために

      2009年7月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤  第149回   日本の社会主義化を防ぐために ──2008年12月13日 幸福の科学・江東支部精舎(東京都江東区)にて──     役人は基本的に「不況が好き」である...

  • 中国「13億人」の未来 第1回 社会主義の国の宗教ブーム

    2007.12.13
    中国「13億人」の未来 第1回 社会主義の国の宗教ブーム

    2008年2月号記事 第1回 社会主義の国の宗教ブーム   2008年の北京オリンピックを境に、中国はどこへ向かおうとしているのか──。現在の体制が強化され、かつての「中華帝国」のような大国が現れるのか? あるいは宗教活動の自由化や政治の民主化が進み、「近代国家」として生まれ変わるのか? そのとき、一つに束ねられてきた13億の人たちはどうなるのか? 中国がど...

Menu

Language