rss

カテゴリ「社会」の記事一覧

  • 易鑑定団体に業務停止命令

    2008.04.13
    易鑑定団体に業務停止命令

    2008年6月号記事 リバティ・オピニオン 天国・地獄の存在まで否定されてはならない   「地獄に堕ちる」とマニュアル的に脅して高額の契約を結ばせる〝宗教団体〟は言語道断。だが返す刀で、天国や地獄の存在そのものも、いかがわしいと臆断するなら、信教の自由の侵害にまでつながることを知らなくてはならない。   「今すぐ...

  • 中学受験リベンジ・ストーリー

    2008.04.13
    中学受験リベンジ・ストーリー

    2008年6月号記事   親子で必読!  第一志望の中学に落ちてもまだ12歳、人生これからだ。   入った学校で巻き返しを図るもよし高校受験でリベンジに挑戦するもよし。 負け犬意識を捨て、もう一度努力を始めれば単なる合格よりも素晴らしい勝利が待っている。 そう、リベンジこそ、人生最高のドラマだ! (...

  • 東京都の真実!?

    2008.03.13
    東京都の真実!?

    2008年5月号記事 独断と偏見で読み解く 都道府県〔お国柄〕図鑑⑤    東京都の真実!?   江戸開府以来、日本のトップを走り続けてきた首都・東京。ここ100年でも関東大震災や東京大空襲など相次いで襲い掛かる困難にも屈せず、日本はおろか世界でも1、2の経済規模を誇る巨大都市に登りつめた「日本の顔」の素顔に迫る。 イラス...

  • 新型「万能細胞」実用化で夢の医療実現を

    2008.03.13
    新型「万能細胞」実用化で夢の医療実現を

    2008年5月号記事 気になるニュースが「わかる」ページ 脳死臓器移植の三つの問題点     体のあらゆる臓器をつくり出せる、夢のような医療が日本から生まれるかもしれない。京都大学の山中伸弥教授(45歳)らのグループが昨年11月、体のあらゆる組織に成長し得る人工多能性幹細胞(iPS細胞、新型万能細胞)を世界で初めて人の皮膚から作製。これが臨...

  • ちょっと待った!フィルタリング

    2008.03.13
    ちょっと待った!フィルタリング

    2008年5月号記事   今、ネットが危ない!Part1 “有害”サイト規制の落とし穴   出会い系やギャンブル、アダルトなど、未成年に有害なサイトへの接続を遮断する携帯電話フィルタリングサービスが注目を集めている。 しかし、フィルタリングは万能ではない。有害サイト規制をフィルタリングのみに頼ることに...

  • 新型インフルエンザH5N1の脅威

    2008.03.13
    新型インフルエンザH5N1の脅威

    2008年5月号記事   国内で死者数百万人!? 世界的大流行から生命を守るために自分でできること、国家がすべきこととは何か   ヒトの全身を冒して多臓器不全を起こし、感染者の60パーセントが死ぬ──。そんな「新型インフルエンザ」の猛威が迫っている。現在までにアジアなどで計200人以上の死者が出ているH5N1型鳥インフルエンザ。この...

  • 子どもの不登校 どう防ぐ?どう解決した?

    2008.02.13
    子どもの不登校 どう防ぐ?どう解決した?

    2008年4月号記事   「勉強がどんどん遅れる。どうして学校に行かないの?」「いったい、いつまでこんな毎日が続くのかしら……」そんな「お先真っ暗」に思いがちな子どもの不登校だが、親の気づきや周囲のサポートがきっかけで解決に向かい始めるケースがある。体験談や親のタイプ別アドバイスから、子育て全般にも役立つヒントを探る。(編集部 田中司)...

  • なぜ不倫は楽しいのか

    2008.01.13
    なぜ不倫は楽しいのか

    2008年3月号記事 離婚率40パーセント時代の「男と女」   「自由なところが、いい」「自然にそうなった」「楽しいよ」 不倫を経験している女や男たちの話を聞いてみるとそんな言葉が返ってきた。 だが、本当に楽しいだけなのか。 不倫という字を見て眉をひそめたそこのマジメなあなた! 身近にいるかもしれないこんな「不倫の実態」知って...

  • 文科省のいじめの実態調査に残る課題

    2007.12.13
    文科省のいじめの実態調査に残る課題

    2008年2月号記事   「いじめ」急増12万5千件に     文部科学省は11月15日、06年度の「児童生徒の問題行動」調査を発表。小中高校などでのいじめ件数は約12万5千件と、前年度の約6倍に上った。いじめ問題を考える上で、残る課題について考える。  (編集部・泉聡彦)   ...

  • 「アスペルガー症候群」の正しい見方

    2007.12.13
    「アスペルガー症候群」の正しい見方

    2008年2月号記事 クラスに1人といわれる発達障害     自閉症やADHDなどと同じ「発達障害」の一種で最近増えていると見られる「アスペルガー症候群」。 だが、教師も周りも知識がないため誤解やトラブル、いじめ、不登校などの原因となり本人や親を苦しめて不幸を生んでいる場合が多い。 アインシュタインをはじめとする数々の天才もそうだっ...

Menu

Language