rss

カテゴリ「政治:政治家」の記事一覧

  • 釈量子の志士奮迅 [第3回]

    2012.04.26
    釈量子の志士奮迅 [第3回]

      2012年6月号記事   第3回 釈量子の志士奮迅 世の中は変えられる!   幸福実現党青年局長 釈量子 (しゃく・りょうこ) 1969年東京都生まれ。国学院大学卒業後、ネピアを経て、宗教法人幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。 ht...

  • 幸福実現党 はてな?VOICE [第5回]

    2012.03.24
    幸福実現党 はてな?VOICE [第5回]

      2012年5月号記事   幸福実現党 はてな? VOICE [第5回] 幸福実現党に対する素朴な疑問に、立木秀学党首が直接答えます。   立木秀学 (ついき・しゅうがく) 1971年、大阪府生まれ。東京大学法学部第3類(政治コース)を卒業後、宗教法人幸福の科学に入局。財務局長、専務理事...

  • 釈量子の志士奮迅 [第2回]

    2012.03.24
    釈量子の志士奮迅 [第2回]

      2012年5月号記事   第2回 釈量子の志士奮迅 世の中は変えられる!   幸福実現党青年局長 釈量子 (しゃく・りょうこ) 1969年東京都生まれ。国学院大学卒業後、ネピアを経て、宗教法人幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。 ht...

  • 幸福実現党 はてな?VOICE [第4回]

    2012.02.26
    幸福実現党 はてな?VOICE [第4回]

      2012年4月号記事   幸福実現党 はてな? VOICE [第4回] 幸福実現党に対する素朴な疑問に、立木秀学党首が直接答えます。   立木秀学 (ついき・しゅうがく) 1971年、大阪府生まれ。東京大学法学部第3類(政治コース)を卒業後、宗教法人幸福の科学に入局。財務局長、専務理事...

  • 釈量子の志士奮迅 [第1回]

    2012.02.26
    釈量子の志士奮迅 [第1回]

      2012年4月号記事   新連載 釈量子の志士奮迅 世の中は変えられる!   幸福実現党青年局長 釈量子 (しゃく・りょうこ) 1969年東京都生まれ。国学院大学文学部史学科卒業後、(株)ネピア勤務を経て、宗教法人幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。 ...

  • 小沢待望論? イノベーター待望論?

    2011.04.03
    小沢待望論? イノベーター待望論?

    2011年2月号記事   編集長コラム   「大連立構想」をめぐって、政界の実力者たちの思惑が渦巻いている。 菅直人首相は、法案がまともに通らない参院のねじれを打開するため色気を示す。2010年12月の臨時国会閉会時の記者会見で菅首相は、「大連立が絶対ダメだとは考えていない」と否定しなかった。 ただ、菅首相は社民党と&ldq...

  • 2年前、オバマ守護霊が  “予言”した中間選挙敗北

    2011.04.02
    2年前、オバマ守護霊が “予言”した中間選挙敗北

    中間選挙の歴史的大敗を受けて記者会見したオバマ大統領。(写真:ロイター/ アフロ)   2011年1月号記事   編集長コラム     「2位じゃダメなんですか」「ルーピー」「最小不幸社会」「イラ菅」 12月に決定する恒例の「流行語大賞」にノミネートされた言葉で、今年は政治がらみがひと際目...

  • 鳩山由紀夫  「亡国の プリンス」  第2回

    2009.07.21
    鳩山由紀夫 「亡国の プリンス」 第2回

    2009年9月号記事 献金偽装でいい加減さ暴露 国民の安全はそっちのけ!?   総選挙が迫る中、マスコミは「政権交代」と大騒ぎだ。しかし、民主党を率いる鳩山由紀夫代表の無責任さや節操の無さ、優柔不断さを見れば、「民主党勝利」は亡国の選択でしかない。鳩山代表の献金偽装問題やブレる発言などから同氏の資質を検証する。   ...

  • 鳩山由紀夫「亡国のプリンス」

    2009.06.21
    鳩山由紀夫「亡国のプリンス」

      2009年8月号記事 選挙区に「鳩山神社」!? 独裁国家とも「友愛」!?   麻生首相の支持率が急降下するにつれ、民主党の鳩山由紀夫代表に「北海道初の総理大臣」の期待が集まり出しているという。しかし、鳩山氏の言動を検証してみると、とてもではないが日本のリーダーには相応しくない資質が見えてくる。鳩山氏の選挙区がある北海道から連続レ...

  •  小沢氏“退場”で  「都市型政治家」の   時代が始まる

    2009.03.18
    小沢氏“退場”で 「都市型政治家」の 時代が始まる

    2009年5月号記事 「日本の繁栄は、絶対に揺るがない」 「農村分配型政治」の終わり   日本政治の主役の一人であり続けた小沢一郎・民主党代表が“退場”させられようとしている。来る衆院選後は民主党など野党の勝利で、都市部の富を地方に分配する政治の完全復活が予想され、日本の株価を押し下げていた。それだけに小沢氏が献金事件で失速...

Menu

Language