rss

記事一覧

  • 学校は復活するか(3)「いじめ隠ぺいの構図」を探る②

    2007.02.14
    学校は復活するか(3)「いじめ隠ぺいの構図」を探る②

    2007年4月号記事   スクールカウンセラーは いじめ解決に有効か?   いじめ解決はスクールカウンセラーに──。そんなムードや期待が教育行政のみならず社会全般にある。95年から導入が始まり、配置校数は約1万校にのぼるが、いじめ問題の深刻化を受けてさらに増員が図られようとしている。しかし、スクールカウンセラーの役割や特徴を検証して...

  • 学校は復活するか(1)

    2007.02.14
    学校は復活するか(1)

    2007年4月号記事   本誌は2月号、3月号と続けて、いじめを隠ぺいしがちな日本の教育界の悪しき体質を指摘し、改善のための提言を行なった。この報道には大きな反響が各方面から寄せられている。今月号では、教育界の中でも出ている、いじめ解決のための「自助努力型の新しい流れ」に注目すると同時に、それでも残る課題を検証してみたい。教育界の内と外からの努力によって、教育がよみ...

  • 言葉で楽しむクラシック入門 第7回

    2007.02.10
    言葉で楽しむクラシック入門 第7回

      2007年4月号記事 人が死ぬのは「生きる」ため。 作曲家・水澤有一氏と聴く マーラーの復活   昨年末に発刊された『復活の法』 (大川隆法著・幸福の科学出版)が大きな反響を呼んでいる。 今回は、これにちなんでマーラーの交響曲第2番「復活」にチャレンジ。 映画「永遠の法」の音楽の作曲者でマーラーに傾倒して...

  • エンタメIT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.5

    2007.02.10
    エンタメIT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.5

      2007年4月号記事 Ver.5 ケータイを通じて若者が見える!          ――ケータイユーザーの秘密     (いちかわ・しげひろ) ケータイ向け完全無料放送局Qlick.TV(クリックドットティービー)を運営する...

  • 給料を上げる技術

    2007.02.10
    給料を上げる技術

    2007年4月号記事 さらばワーキングプア   4月と言えば昇格・昇給シーズン。年功序列で毎年小刻みに上がる時代は過ぎ去り、今や実力主義の戦国時代。若くして年収1000万円稼ぐ人もいれば、定年間近で年収400万円を切る人もいる。 その差は一体どこから生まれるのか。要領? 実績? それともただの運? 社長の本音を拾いつつ、給料を上げる技術...

  • 独占インタビュー 『神々の指紋』著者 グラハム・ハンコック

    2007.02.10
    独占インタビュー 『神々の指紋』著者 グラハム・ハンコック

      2007年4月号記事 特集 異次元の復活 「人類には今、意識の大変革が必要。そのリーダーは日本です」   科学も考古学も、その本質は「未知の世界」の探究だ。そこに必要なのは、かつての天動説のような常識や偏見にとらわれない自由な心である。古代文明の謎への挑戦者、グラハム・ハンコック氏が向かう次なるフロンティアは「異次元」という未知...

  • 西松眞子メソッド ビジモテ道【Check:6】

    2007.02.10
    西松眞子メソッド ビジモテ道【Check:6】

      2007年4月号記事 (にしまつ・まこ) イメージコンサルタント「カーペ・ディエム」代表。イメージ戦略の専門家。大前研一の「アタッカーズビジネススクール」ではビジネスコミュニケーション講座の講師を務めるなど、パーソナルブランディングを図る研修や講演会、執筆活動などで活躍。著書『魅せる技術』は全国のビジネス書籍ランキングでベスト10入りを果たす。同社htt...

  • 親子間の残酷な事件をなくすには

    2007.02.10
    親子間の残酷な事件をなくすには

    2007年4月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第122回 親子間の残酷な事件をなくすには   問 最近、「親が子を殺す」「子が親を殺す」という残酷な事件がよく起きています。こういう、生き物のルールを超えた出来事に対して どう向き合っていけばよいのでしょうか。   &n...

  • 教室に正義を!(4) 『いじめ処罰法』(原案)─大川隆法案─

    2007.01.14
    教室に正義を!(4) 『いじめ処罰法』(原案)─大川隆法案─

    2007年3月号記事   教育界浄化への提言③ ──規律重視の指導── 「ゼロトレランス」方式で 教室に秩序を取り戻せ   70~80年代に深刻な学校現場の荒廃を経験したアメリカは、規律と懲戒基準を事前に明示し、違反者は例外なく処分する「ゼロトレランス(規律重視)」方式の生徒指導を導入し、立て直した。いじめの解決もこ...

  • 教室に正義を!(3) 教育界浄化への提言

    2007.01.14
    教室に正義を!(3) 教育界浄化への提言

    2007年3月号記事      全国各地で相次ぐいじめ自殺。なぜいじめられた子は、自殺にまで追い詰められるのか。それは日本の教育界に、いじめの救済制度がないからだ。 校長は、外部批判を封じる絶大な権限を持ち、本来子供を守り、いじめを防ぐべき役割を持つ教育委員会は、逆に隠ぺいに走り、学校ぐるみの“組織的犯罪”を助長...

Menu

Language