著者インタビュー 教育とは、一人ひとりの心に真理の火を灯すこと - 金子 一之

著者インタビュー 教育とは、一人ひとりの心に真理の火を灯すこと - 金子 一之

 

2015年3月号記事

 

著者インタビュー

 

教育とは、一人ひとりの心に真理の火を灯すこと

『HSUテキスト1・2 創立者の精神を学ぶⅠ・Ⅱ』編著者

 

ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ
ソフト担当局長

金子 一之

(かねこ・かずゆき)1964年生まれ。駒澤大学経済学部経済学科卒。1990年、幸福の科学に奉職。指導局、支部長、書籍編集部、メディア文化事業局、ヤング・ブッダ渋谷精舎副館長、総本山・那須精舎館長などを経て、現職。著書に『「幸福の科学教学 実践研究」試論』、『修行のプロフェッショナルを目指して』(人間幸福学叢書)、『「自分の時代」を生きる』(幸福の科学出版)などがある。

 

 

 

4月、幸福の科学グループの高等宗教研究機関「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」が開学する。授業で使用されるテキストの第一弾を編んだ金子一之氏にHSUの教育理念について聞いた。

 

 

――テキスト1では第一章をHSUの「建学の精神」にあてています。

金子氏(以下、金): HSUは、創立者の大川隆法・幸福の科学総裁の説かれる、幸福の科学教学が基盤にあります。そのため、高い宗教性と精神性を備えた世界に二つとない学校になります。

 HSUは現時点では「大学」ではなく私塾ですが、教育の内容やカリキュラムは、既存の大学に決して引けを取るものではないと自負しています。現役の東大生に理系の履修モデルを見てもらったところ、「東大よりすごい」と舌を巻いていました。

 歴史を振り返ってみれば、日本の近代化の原動力になった松下村塾や適塾は私塾ですし、塾生たちも何か公の資格を得たわけではありません。結局、教育は、どのような人材が輩出されるかが一番大事なのです。

 現在の教育の問題は、学問をする人が自己中心的になっていくことだと思います。私たちは「現代の松下村塾」として、自分よりも他の人や世界のために人生を捧げるような、大きな志と「高貴なる義務」を有する若者を育てていくつもりです。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年3月号記事  HSU  HSUテキスト  金子一之  創立者の精神を学ぶ  私塾  

Menu

Language