「9条改正すべき」と思うなら「自民」より「幸福」 【衆院選】

※有料購読記事では、「政治・経済のこんなことがわからない、解説して欲しい」という、記事リクエストを受け付けて参ります。詳細は、記事の最後を参照下さい。

 

 

自民の公約に「憲法9条改正」がない

「信なくば立たず、国民の信頼と協力なくして政治は成り立ちません」

 

安倍晋三首相は11月18日、この言葉を使い、衆議院解散を表明。国民に"信"を問う、総選挙に突入しました。

 

しかし、自民党の「2014年衆院選政権公約」をよく見ると、「憲法9条」という文字がありません。自民党は「憲法9条の改正」を目指しているはず。だからこそ自民党を支持する保守層の方々も多いはずなのですが……。

 

 

自民の「9条改正」は、選挙前にいつも"消える"

自民党は選挙前になると、「憲法9条」という言葉をよく政権公約から外します。自民党が政権を奪還した2012年の衆院選の時も、そのマニフェストに「憲法9条」の文字はありませんでした。

 

しかし、その投開票日の翌日、安倍首相は憲法の改正要件を緩める「96条改正」に言及。「憲法9条改正」のプロセスとして、です。

 

そうかと思えば、半年後の2013年参院選を前に、自民党は「96条改正」による改憲要件緩和の対象から、「憲法9条」を外してしまいました。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language