イスラム国 サダム・フセインの呪い スッキリわかる中東問題【前編】 Part2

イスラム国 サダム・フセインの呪い スッキリわかる中東問題【前編】 Part2

イスラエル軍の空爆を受けたパレスチナ自治区ガザ北部の町ベイトラヒヤ。(写真:ロイター/アフロ)

 

2014年12月号記事

 

Part2

 

イスラエル・パレスチナ紛争

 


contents

 

 

イスラム国が注目される以前は、イスラム組織ハマスとイスラエル軍の戦闘による多数の民間人の犠牲が、国際社会で問題視されていた。現在は停戦合意し、ガザの復興も始まっている。だが、停戦と戦闘をくり返すイスラエル・パレスチナ紛争を終わらせることはできるのか。

 

 イスラエルのユダヤ人少年3人が6月末、遺体で見つかった。その数日後、今度はパレスチナの少年が誘拐・殺害された。これを機にイスラエル軍がパレスチナ自治区のガザ地区を空爆。イスラエルとハマスの報復合戦が始まった。

 50日間続いた戦闘により、民間人を含む2千人以上のパレスチナ人が犠牲になった。さらに、停戦合意後の10月、同自治区の東エルサレムで、イスラエル側が新たに入植していることが発覚。対立が続いている。

 

 

聖地エルサレムをめぐる戦い

 1948年、パレスチナの地にイスラエルが建国されて以降、この地では4度の大きな戦争と度重なる戦闘が続いている。この背景には、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地エルサレムをめぐる千年以上続く戦いがあり、その出口は見えない。

 キリスト教国のアメリカはこれまで、同盟国としてユダヤ教国のイスラエルに肩入れしてきた。

 その大きな理由は、キリスト教の源流がユダヤ教にあることだ。また、アメリカの経済界や政府の要人にユダヤ系が多く、盛んなロビー活動によってイスラエル寄りの政策をとるよう働きかけている影響も大きい。

 アメリカから最新の兵器を供与されるなど多大な軍事的支援を受けるイスラエルは、中東唯一の核武装国。当然、周辺のアラブ諸国は脅威と見ており、イスラエル・パレスチナ紛争は、「ユダヤ・キリスト教 対 イスラム教の戦い」という構図になっている。

 この紛争の発端は何なのか。また、その歴史的背景には何があるのか。そして、その奥にある宗教的な真実とは──。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年12月号記事  中東問題  イスラエル  パレスチナ  聖地  エルサレム  加瀬英明  エリ・エリヤフ・コーヘン  ワリード・アリ・シアム  聖書  エル・カンターレ  

Menu

Language