公共事業は何のためにあるのか? 未消化工事高が最高を更新

 

公共工事のうち、業者が受注した工事額から、実際に工事が行われた金額を引いた「未消化工事高」が、過去最高になっている。未消化工事高は、ここ数年は10兆~12兆円台で推移していたが、昨年から増え始め、7月には16兆7千億円になった。18日付朝日新聞が報じた。

 

記事では、政府が景気対策を兼ねて工事の発注を増やしていることと、東日本大震災からの復興、東京五輪の準備が重なったことが原因だとする。人手や資材が不足していることから、受注しても予定通り工事に着手できないケースが増え、未消化工事高が最高額を更新したという。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language