宇宙人に誘拐されたら保険金 アメリカで広がる?

 

宇宙人にアブダクション(誘拐)されたら保険金がもらえる――。そんな大胆な保険がアメリカにはある。

 

保険に関する質問に専門家が答えてくれるアメリカのサイト「ユア・インシュアランス・クエッション・コム」の、この保険を紹介するコラムによると、この保険はフロリダのセント・ローレンス・エージェンシーが最初に売り出したという。

 

生涯の掛け金19.95ドルで、アブダクションされたら1000万ドルもらえる。とはいっても毎年1ドルずつ必ずもらえるが、死ぬまでずっとのコースか1000万年間コースかのどちらかを選ぶという段階で、充分にジョークのような保険だが、その分、保険証書の内容もすごい。免責事項として1飛行に限られること、また、外来の精神医学的なケアすべてに適用可、誹謗中傷への適用は家族限定、エイリアンとの間に子供をつくられてしまったり、エイリアンに捕食対象にされたときは2倍補償と、事細かに至れり尽くせりだ。

 

驚いたことにニューヨーク州の2人が支払いを受けているという。どのように証明したのか、ぜひ知りたいものだ。ところで、保険加入の条件には「ユーモア精神があること」が問われている。これで今年が26周年というから先見性があると言ってもいいかもしれない。

 

ちなみに、女優シャーリー・マクレーンとエイリアンに関する著述のあるハーバード大学教授も契約しているという。

 

2009年に話題になった映画『フォース・カインド』は、米アラスカ州の町の住民が睡眠障害を起こした事件の真相が宇宙人による誘拐が原因だと告発した。ツッコミどころ満載のエイリアン・アブダクション保険だが、アメリカで宇宙人による誘拐は珍しいことではなく、このような保険の存在も社会現象の一つと言えるかもしれない。(純)

 

【関連記事】

2012年10月号記事 宇宙人が常識になる日

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4766

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language