北朝鮮が10~22日の間にミサイル発射予告 今こそ核の議論を

 

北朝鮮がミサイルの発射を予告した。

 

朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官が1日に発表した談話によると、北朝鮮の北西部にある西海衛星発射場から、10日から22日の間に実用衛星「光明星3号」を運搬ロケット「銀河3号」で打ち上げるという。朝鮮中央通信や平壌放送などが伝えている。

北朝鮮は4月にもミサイルの発射に失敗しているが、同じ年に長距離弾道ミサイルを2回発射するのは初めてとなる。

 

今回の発射予告期間は、金正日総書記の死去した12月17日を意識しての日程と思われるが、16日には日本で衆院選、19日には韓国で大統領選の投開票があるため、今後の政策論争に大きな影響を与えることになりそうだ。

 

政府は週内にも安全保障会議を開催し、自衛隊法に基づく破壊措置命令を出す見通し。首都圏、沖縄周辺へPAC3(地対空誘導弾パトリオットミサイル)やイージス艦の配備を進める。

 

選挙期間中を狙ったかのような発射予告は、日韓の政治的な空白をついた戦略なのかもしれないが、日本としてはこの有事を機に、国防について議論を深めるべきだろう。

北朝鮮がミサイルの発射を繰り返すのは、アメリカ本土に届く弾道ミサイル技術を確立し、すでに保有しているとみられるプルトニウムをつかって核武装を果たすことにある。

 

この核の脅威にどう立ち向かうべきか。いま政治家が語るべき政策は、まさにこの対策であるべきだろう。

現在のところ、明確に核武装について議論しようとしているのは幸福実現党の立木秀学党首と日本維新の会の石原慎太郎代表くらいだ。これまで避けてきた国防と核の問題について、今こそ真剣に考えるべきだ。(村)

 

【関連記事】

2012年11月21日付本欄 石原慎太郎氏の「核武装」発言 本気で実現する覚悟のある党はどこか?

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5165

 

2012年11月19日付本欄 幸福実現党の立木党首が核武装に言及

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5152

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language