パートと金融に依存する日本企業に未来はあるか - Newsダイジェスト

パートと金融に依存する日本企業に未来はあるか - Newsダイジェスト

収益構造から見る限り、金融業になりつつあるトヨタ。写真:ロイター/アフロ

 

2012年11月号記事

 

 日本の雇用が危機にある。

 日本を代表する小売業であるセブン&アイ・ホールディングスは、グループのイトーヨーカ堂のパートタイマーの比率を、2015年度をめどに9割に引き上げる。現在8600人いる正社員は半分に削減する。この結果、人件費は7%減らせるという。正社員を、グループ他社へ転籍し、また採用抑制によって実現する方針だ。

 主要スーパーのパート比率は8割前後と言われており、ヨーカ堂の9割はかなり突出した水準となる。

 長引くデフレ不況で、しかも2014年以降に消費増税を控えていることを考えると、コスト削減の流れはしばらく続くことが予測される。ヨーカ堂の動きは、スーパー業界のみならず他業種のトレンドになる可能性がある。

 厚生労働省の調査では、20~34歳のパートタイム労働者の4割超が「正社員になりたい」と答えている。日本の雇用全体がパート社会に向かうのではあれば、それは多くの人にとって望まない社会になることを意味する。

 この流れを加速しているのが、消費税の増税であったり、日銀の不十分な資金供給であるとするならば、劇的な政策転換が必要となろう。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年11月号記事  トヨタ  ホンダ  雇用  金融  デフレ  収益  

Menu

Language