幸福の科学学園関西校に対する反対派の請求が棄却

 

大津市建築審査会は1日、「幸福の科学学園 関西中学校・高等学校」の建設地に関する、一部住民らによる建築確認取り消しの審査請求に対し、請求を棄却する裁決を住民側に伝えた。

 

この件は、来年4月に滋賀県大津市内で開校予定の幸福の科学学園関西校(学校設置認可申請中)について、すでに今年8月初旬の上棟を目指して建設が進んでいるにもかかわらず、建設予定地の安全性の問題を理由に、建築確認取り消しの審査請求がなされていたもの。

 

同校は一貫して法律に則り開校や建築の手続きを進め、地元住民に対する説明会も繰り返してきたが、一部の住民らが信教の自由や教育の自由への侵害にもあたるような反対運動を展開していた。今回の審査請求人8209人中、請求を棄却されたのは320人に過ぎず、他の7889人はそもそも請求人として不適格であるとして却下されたことも、反対運動の実態を示している。

 

幸福の科学学園側は請求棄却を受け、次のコメントを発表した。

「市建築審査会の裁決により、建設予定地の安全性に関しては問題の無いことが明らかになったと考えております。建築工事は2013年4月の開校に向け順調に進み、入学を希望する子供たちが夢と希望をふくらませ純粋な心で学園見学に来ておりますので、温かく見守って頂きますようお願い致します」

 

幸福の科学学園中学校・高等学校は、2010年4月に栃木県那須町で那須本校を開校し、地域住民と良好な関係を築きながら宗教性をバックボーンに据えた教育を行って3年目になる。姉妹校となる関西校の担当者は、次のように話す。

「建設工事は予定通りに進んでいます。建物は強固な構造になっていますので、震災時には避難所として地域の皆様を受け入れるなどの公益活動にも供する予定です。一部の方の言動が、子供たちの心を深く傷つけることのないよう願っています。これからも引き続き、住民の皆様には『対話会』や『那須本校見学会』『学園ニュース』等を通して、一層のご理解をいただけるよう努力してまいります」

 

【関連記事】

2011年4月号記事 こんな教育が受けたい!学校再生のヒント

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1515

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

ようこそザ・リバティWebへ

大川隆法 大講演会
「未来への希望」

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・広島県立文化芸術ホール(上野学園ホール)へのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

※広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県にお住まいの方。

※幸福の科学 未会員

※会員の方は所属の支部でお申込みください。

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※18歳未満の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 1月24日(木) 12:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language