やる気泥棒撃退術─やる気をなくしやすい性格は変えられる!

やる気泥棒撃退術─やる気をなくしやすい性格は変えられる!

2011年7月号記事

illustration : 服部新一郎

 

 

 

「なんでやる気が続かないんだろう」──。そう思いながら「やる気が出る方法」をいろいろ試している人は多いのでは。そこで発想を変えて、「やる気を失わない方法」はないか調べてみた。「やる気泥棒」に入られないように心をロックして、エネルギーに満ちたあなたになっていただきたい。

 

 

「東電からの節電の呼びかけで、うちの会社は照明を半分以下に減らしたうえ、なんと空調と換気まで半分以下に。うちわでパタパタ扇ぎながらでは、計算は合わないし会議でもいい案が出ません。やる気は限りなく低下しています」(首都圏在住・会社員)

 節電もやりすぎると、電気を使うこと自体が何だか悪いことのような気がして、ついこんな本音を漏らしたくなる人も多いのでは。だが、こんな時期こそやる気を出して、毎日を充実させたいものだ。

 最近、書店で「やる気の出る言葉」という類の本をよく目にする。多くの人が積極的な言葉に触れてモチベーションを上げたいのだろうし、確かに手っ取り早くて役に立つ。

 ただ、やる気を出して仕事や勉強の目標を立ててみたものの、いざ始めてみると、何かのきっかけでやる気がシュンと消えてしまうことは誰しも経験があるだろう。ほんの一瞬の間にやる気がなくなるその不思議さは、まるで心のなかに小さな泥棒が入り込んで、自分のやる気をくすねて行ったかのようだ。

 知らないうちに疲れがたまっていることが原因のこともあるが、体力面以外でも「せっかくやる気になったのに水を差された」「よく考えたら、やっぱり面倒くさいな」など、やる気がなくなる出来事は事欠かない。毎日を充実させていくには、やる気を起こすだけではなく、「やる気泥棒」に入られないように心に“ロック”をする工夫も大切ではないだろうか。

 『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』の著者で、「仕事や勉強のできるできないは、『能力』や『技術』だけではなく、実際はその人の『性格』によるところが大きい」と指摘する心屋仁之助氏に、詳しく聞いてみた。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年7月号記事  社会  自己啓発  やる気泥棒  性格  心屋仁之助  仕事が「ツライ」と思ったら読む本  白い貝集め  仕事  

Menu

Language