ニューヨークが警察予算を削減 治安が悪い街上位20はすべて民主党がトップ

ニューヨークが警察予算を削減 治安が悪い街上位20はすべて民主党がトップ

写真:Ben Von Klemperer / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 黒人男性が亡くなった事件の煽りで、ニューヨーク市警の予算は6分の1減らされる
  • アメリカで最も危険な街上位20の市長は、すべて民主党
  • 警察を解体しても、別の不幸を生むだけ

 

 

アメリカで黒人男性が亡くなった事件以降、警察組織の改革を訴える声が高まる中、ニューヨーク市長は6月30日(現地時間)、来年度の警察予算を10億ドル(約1000億円)削減し、教育や社会保障に回すことを発表した。

 

ニューヨーク市警の年間予算は約6000億円であり、6分の1を削減することになる。

 

これに先立ち、死亡事件が起きたミネソタ州ミネアポリス市議会は、警察を解体し、新たな組織を発足させる方針を進めている。

 

 

治安が悪い街のトップは民主党

デモや集会などを通じて、警察組織のあり方を疑問視する動きが強まっている。これを推進しているのが、野党・民主党だ。

 

だが、同党にとって不都合な事実が、日本のマスコミにはほとんど報じられていない。その事実とは、アメリカで最も危険な街上位20の市長は、すべて民主党であることだ。

 

米調査会社Neighborhood Scout(ネイバーフッド・スカウト)のデータに基づけば、治安が悪い都市1位はミシガン州デトロイト市で、市長はマイク・ダガン氏。2位はテネシー州のメンフィスで、市長はジム・ストリックランド氏。3位はアラバマ州バーミンガムで、市長はランドール・ウッドフィン氏だ。

 

いずれの市長も民主党。デトロイトでは、50人に1人の市民が被害者になる確率があるほど、犯罪率が高い。

 

つまり、警察の弱体化を推進する民主党の足元では、多くの市民の身の危険が脅かされていると言える。同党がすべきことは、警察の弱体化ではなく、強化ではないのか。

 

そうした武力を伴う組織の縮小を求める動きは、日本の左翼勢力にも通底するものがある。例えば、米軍の兵士が罪を犯した場合、左翼勢力が基地そのものをなくし、国防力を削ぐような動きを起こすのと近い。

 

残念なことに、国民を守る組織が不祥事を起こすことはある。だからといって、それをなくせば、別の不幸を生むだけだ。日本のマスコミも、アメリカの治安状況を踏まえ、警察の縮小を求める動きを諌めるべきではないか。

(山本慧)

 

【関連書籍】

『時事政談』

『時事政談』

幸福の科学出版 大川隆法著

幸福の科学出版にて購入

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2399

Amazonにて購入

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4823301927/liberty0b-22

 

『ザ・リバティ』2020年8月号

『ザ・リバティ』2020年8月号

幸福の科学出版

幸福の科学出版にて購入

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2401

Amazonにて購入

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B08B325JZY/liberty0b-22

 

【関連記事】

2020年8月号 大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 2 - トランプ大統領、起死回生の大暴れがこれから始まる

https://the-liberty.com/article.php?item_id=17301

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: ニューヨーク  警察  治安  民主党  市長  デモ  武力  左翼  米軍  国防  

Menu

Language