中国がしかけるウィルス戦争 すでに第三次大戦は始まっている?

中国がしかけるウィルス戦争  すでに第三次大戦は始まっている?

写真:AP/アフロ、代表撮影/ロイター/アフロ

 

2020年6月号記事

 

中国がしかけるウィルス戦争

すでに第三次大戦は始まっている?

 

新型コロナウィルスについて中国は「天然ウィルス」と主張する。
だが、それは本当か─。
その真相と背後にある中国の野望に迫った。

(編集部 長華子)

 


contents

中国がしかけるウィルス戦争  すでに第三次大戦は始まっている?

中国がしかけるウィルス戦争 すでに第三次大戦は始まっている?


 

 中国発の新型コロナウィルスの異常な広がりで、感染者と死者が共に急増する中、各国は原因究明を急いでいる。

 これに対し中国は、武漢の海鮮卸売市場で売られていたコウモリを食べた人から感染が拡大したとする「天然ウィルス説」を主張し続けている。

 一方、米トム・コットン上院議員は2月、米フォックス・ニュースで、市場から漏れた可能性を否定し、「武漢のウィルス研究所から漏れた可能性がある」と発言。当初、米主要メディアは「陰謀論」だと激しく批判した。

 だがここにきて状況は大きく変わりつつある。

 ミリー米統合参謀本部長は4月14日(現地時間)、諜報機関は武漢の実験室からウィルスが漏れた可能性も考慮に入れて調査していると発表。トランプ大統領も17日にこれを認め、「コウモリは卸売市場で売られていない」「(実験室から漏れたと考える方が)理にかなっている」と述べた

 にわかに高まる「コロナ人工説」。何のためにウィルスを開発していたのか。日本などの複数の専門家に話を聞いた。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

ノンフィクション作家 河添 恵子氏インタビュー

コロラド州立大学名誉教授 杜 祖健氏インタビュー

ランド研究所政策大学院教授 ブルース・ベネット氏インタビュー

日本国際問題研究所 モニカ・チャンソリア氏インタビュー

元陸自化学学校副校長 濱田 昌彦氏インタビュー

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年6月号記事  ウィルス戦争  新型コロナウィルス  河添恵子  杜祖健  ブルース・ベネット  モニカ・チャンソリア  濱田昌彦  

Menu

Language