マンガ「100日後に死ぬワニ」人気から、「死」について考える

マンガ「100日後に死ぬワニ」人気から、「死」について考える

写真:nopporn / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • マンガ「100日後に死ぬワニ」は、「死は突然訪れる」ことを考えさせる
  • 突然死んだ場合、自分の死を自覚できないことが多い
  • いつ死んでも困らないように、宗教の教えがある

 

 

マンガ家のきくちゆうきさんが毎日、自身のツイッター上に投稿してきた四コママンガ「100日後に死ぬワニ」は3月20日、主人公の死をもって終わりを迎えました。

 

マンガの主人公は、一匹のオスのワニ。ワニながら、人のようにズボンを履き、会話や仕事をし、仲間たちとともに何気ない日常を送っていました。特徴的なのは、全ての4コマ目の最後に、「死まであと〇日」と死を迎える日までのカウントダウンがなされていたこと。

 

「100日後に死を迎えるまでの日常を毎日見守る」という新しいスタイルのマンガは、インターネットを中心に大きな話題になりました。

 

きくちさんはORICON NEWSの取材で、このマンガに込めた思いについてこう語っていました。

 

「『いつか死ぬ』生きているということはいつか死ぬということ。自分の『終わり』や周りの人の『終わり』それを意識すると、行動や生き方がより良い方向にいくのではないか。ワニを通してそれらを考えるきっかけにでもなればいいなと思っています」

 

このマンガは、「死はある日、突然にやってくる」ということを考えさせてくれます。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 100日後に死ぬワニ  きくちゆうき  突然死  成仏  仏教  一日一生  内村鑑三  天国  

Menu

Language