新型コロナで懲りた企業が、回帰投資10兆円!?……そんな未来にするために

新型コロナで懲りた企業が、回帰投資10兆円!?……そんな未来にするために

 

新型コロナウィルスが世界中の経済活動を止めている。日本では、2019年の消費税率上げのダメージを、東京五輪で打ち消すことが期待されていた。しかし、延期というまさかの展開を前に、株式市場も大荒れだ。

 

新型コロナウィルスは、日本経済にとって災いでしかないのだろうか……。

 

 

特集「コロナで懲りた 工場よ、中国から戻ってこい!」

『ザ・リバティ5月号』

『ザ・リバティ5月号』

大川隆法著

幸福の科学出版

いや。日本には「災い転じて福となす」という言葉がある。コロナ・ショックを日本経済の「構造的な立て直し」に転じ、不況を打ち消す術はある。

 

今回、中国依存のサプライチェーンが崩壊した。このことをきっかけに、日本企業の生産拠点を一斉に国内回帰させれば、各地で建設需要が見込める。長い目で見ても、産業空洞化の流れを逆転させられる。

 

3月30日に全国の書店で発売されるザ・リバティ5月号の特集では、そのための方法を探った。タイトルは「コロナで懲りた 工場よ、中国から戻ってこい!~日本復活の切り札~」。

 

 

国内回帰の"先輩国"に現地取材

 

空理空論にならないように、ここ数年で、同じことをやってのけ、見事成功させている国を現地取材している。アメリカと台湾だ。

 

アメリカは現在、コロナ騒動で経済に大ダメージを受けているが、2019年、無数の工場が国内に戻り、人々の給与が急上昇していた。これがなければ、コロナによる経済ショックも、今よりけた違いに大きかったに違いない。

 

今回、記者がワシントンにまで赴き、トランプ政権の通商政策の参謀であり、米フォックスニュースのコメンテーターとして有名なゴードン・チャン氏に、国内回帰の勘所を聞いている。

 

 

そして台湾である。この国は「経済的に中国に依存しているため、中国との距離を取ろうにも取れない」というジレンマがあった。しかし蔡英文政権は、中国に進出した台湾企業を一斉に国内回帰させることに成功した。その結果、米中貿易戦争の激しい逆風の中、台湾の国内総生産(GDP)は3%以上も成長した。

 

今回、台湾にも記者が向かい、蔡英文政権の特別顧問であり経済ブレーンの蕭新煌氏にも

取材した。企業の国内回帰を促すために、かゆいところに手が届く政策のヒントを聞いた。

 

 

撤退迷う経営者の方へ……製造2025は泥船です!

そうはいっても、中国に進出しているメーカーには、心残りがあるだろう。同国は「中国製造2025」という"魅力的"な構想を打ち出している。「最新技術の萌芽と、無限に伸びしろがあるかもしれない市場」を見切ることは、簡単な判断ではないようにも見える。

 

しかし本特集では、「製造2025は泥船である」と結論づけている。それがなぜかは……本誌をご覧いただきたい。

 

「国内回帰」は「チャイナリスク忌避」である以上に、「成長戦略」そのものになる。これは、遅かれ早かれ、"避けられない未来"になるはずだ。本誌を、政策提言以上に、未来予測の材料として、活用いただければ幸いだ。

 

 

《ザ・リバティ5月号の他の記事》

千眼美子・スペシャルインタビュー

映画「心霊喫茶『エクストラ』の秘密─The Real Exorcist─」

「たった一言に、救われる映画です!」

 

ニュースのミカタ

コロナと習近平と親中派 はっきり言って、天罰です!

温暖化で世界は終わらない アンチ・グレタの旗手登場

メディアも追及が手ぬるい 「桜を見る会」は「集団買収」

 

米国保守系最大イベント「CPAC 2020」現地レポート

自由・個人主義・私有財産を守れ! 社会主義の台頭と戦うアメリカ

 

宇宙人との「コミュニケーション」を考える

京都大学教授 木村大治

 

大川隆法・未来への羅針盤

成功する起業家の条件(前編) 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: ザ・リバティ5月号  新型コロナウィルス  国内回帰  台湾  千眼美子  木村大治  

Menu

Language