現地レポート - 社会主義の台頭と戦うアメリカ

現地レポート -  社会主義の台頭と戦うアメリカ

CPACの最終日に登壇したトランプ大統領。写真:AP/アフロ。

 

2020年5月号記事

 

現地レポート

 

社会主義の台頭と戦うアメリカ

 

11月に大統領選を迎えるアメリカで2月、保守系の最大の政治イベントが開かれた。
現地から「アメリカの本音」をレポートする。

(編集部 長華子)

 

 2月26日から29日にかけて、首都ワシントン近郊で、全米最大の保守団体「米国保守連合」の年次総会「CPAC2020」が開催された。開場前には長蛇の列ができ、各イベント会場は、各地から集まった共和党支持者でごった返していた。

 今年のテーマとして掲げられたのは、「社会主義対アメリカ(Socialism vs AMERICA)」。左傾化する民主党を意識し、真正面から社会主義の悪との闘いを打ち出した。

 CPACは、全米で減税、規制緩和、中絶反対など保守活動をしている団体や支持者が集まり、情報交換を行う。参加者は共和党の支持層であり、大統領選を迎える今年は参加者が昨年の2倍。全米から約1万9千人が集まり、各地に衛星中継された。

 会場で目立っていたのは、若者たちが多いこと。黒人やヒスパニック系アメリカ人の参加者の姿も多く見られた。

 最終日に登壇したトランプ大統領が「アメリカを社会主義にはさせない」と宣言すると、会場の聴衆は「USA! USA! USA!」と連呼。聴衆の念頭にあるのは、民主党支持者の左傾化の問題だ。

 

CPACのメイン会場の様子。トランプ大統領の演説には多くの人々が集まり、会場は熱気に包まれた。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

次ページからのポイント

左傾化が進む民主党

反中で団結する支持者たち

ジョン・バチュラー氏インタビュー

モーガン・ゼガーズ氏インタビュー

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年5月号記事  CPAC  トランプ大統領  社会主義  チャーリー・カーク  サム・ブラウンバック  ジョン・バチュラー  モーガン・ゼガーズ  

Menu

Language