もしもスマホがなかったら? ガラケー時代を追体験してみた(前編)

もしもスマホがなかったら? ガラケー時代を追体験してみた(前編)

 

「ザ・リバティ」の駆け出しライターである筆者(イイダ)は、2月末発刊の本誌4月号で「『スマホ地獄』から子供を救え!」の企画を担当した。

 

「自分がスマホ依存であってはいけない」

 

そう思った筆者は、身体を張って、「スマホ断ち実験」をしてみることにした。

 

編集部で営業を担当しているフクダさんに「一緒にスマホ断ちをしてみませんか」と声をかけると、あっさりOK。

 

とはいえ、単なるスマホ断ちをしても、苦行でしかなく、むしろスマホへの執着が悪化するのではないか……。

 

そこで、スマホが発売される前の時代、さらにはガラケーやテレビすらなかった時代のメディア環境に身を置いたつもりで、苦しみながらではなく、"懐かしみ"ながらスマホとの付き合い方を見直してみることにした。

 

本欄では、本誌4月号記事「昼夜逆転 学力低下 人格破壊……『スマホ地獄』から子供を救え!< https://the-liberty.com/article.php?item_id=16857 >」に掲載しきれなかったエピソードも含めて、「スマホ断ち実験」のレポートを、前後編でお届けする。今回は、前編。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: スマホ  ガラケー  iPhone  YouTube  Amazon  SNS  ネットニュース  熟睡  アプリ  

Menu

Language