次期衆院選 広島3区から野村氏、比例中国から国領氏ら 幸福実現党 出馬会見

次期衆院選 広島3区から野村氏、比例中国から国領氏ら 幸福実現党 出馬会見

出馬会見を行う野村氏

 

幸福実現党の野村昌央(のむら・まさてる)氏が4日、広島県庁で記者会見を開き、次期衆院選で同党の公認候補として、広島3区から立候補することを表明。同党選対委員長代理・青年局長の国領豊太(こくりょう・ぶんた)氏、安原宏史(やすはら・ひろし)氏、加藤健太(かとう・けんた)氏も比例中国ブロックでの立候補を表明した。

 

 

広島3区、野村氏「政治の閉塞感に新しい風を」

野村氏は1982年、広島県広島市生まれ。広島県立安古市高等学校、広島国際大学医療福祉学部卒。HS政経塾第6期生だ。

 

野村氏は「この広島の地は、原爆投下からの再建の地であり、同時に開拓精神あふれる情熱の地です。広島の偉人に、頼山陽という方がいますが、頼山陽が広島で書いた『日本外史』は、江戸の幕末に、尊王攘夷運動の原動力にもなり、新しい力を中心として開国し、明治の時代が始まる力となりました」とその広島愛を語り、「日本の政治の閉塞感に新しい風を吹き込みたい」として、以下の政策を掲げた。

 

(1)その場しのぎではない、正直な安全保障体制を

憲法9条は加憲ではなく全面改正し、国防軍の明記。毅然とした外交で他国との同盟関係を深化する。

 

(2)観光だけじゃない、日本ファーストで経済成長

減税で家計と国内産業を元気に。国外の要因によるリスクにも備える。

 

(3)家族を大切にする国へ、日本の子育て力を強化

子供を3人以上育てる世帯に税制優遇強化。保育の自由化で託児施設を増やす支援。無償化ではなく教育バウチャー制度と自由化で学校の個性を発揮できる教育改革。

 

 

比例中国ブロック、国領氏「幸福実現党は真なる保守政党」

出馬会見を行う加藤氏、安原氏、野村氏、國領氏(左から)。

 

比例中国ブロック1位の国領氏は、「幸福実現党は、一言で言えば、アメリカの共和党のような『真なる保守政党』を目指しています」とその立ち位置を強調した。

 

アメリカのトランプ大統領が減税政策などで、日本の倍以上の経済成長を達成していることを挙げ、「国内の内需を拡大し、海外へ出て行った企業の国内回帰も推し進めるために、本当の減税政策によって、日本経済の復活を目指すべき時であると考えています」と訴えた。

 

また外交については、「香港の民主化運動やウイグル人の人権を弾圧し、新型肺炎の問題でも情報統制をするような中国のトップ、習近平国家主席を、時期がずれたとはいえ、『国賓』としてお迎えするというようなことは『保守政党』であれば本来やってはいけないこと」として、自民党政権への苦言を呈した。

 

今後も幸福実現党は、全国で候補者を擁立させる予定だ。

 

【関連サイト】

幸福実現党公式HP

https://hr-party.jp

 

【関連書籍】

『幸福実現党宣言』

『幸福実現党宣言』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2020年2月16日付本欄 【速報】岩手県金ケ崎町議選で幸福実現党公認の平氏が同党初のトップ当選

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16817

 

2020年2月9日付本欄 【速報】岐阜県飛騨市議選 幸福実現党公認の小笠原氏が無投票で当選 公認地方議員は39人に

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16796

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 衆院選  幸福実現党  広島県  野村昌央  中国ブロック  国領豊太  安原宏史  加藤健太  

Menu

Language