結局、独裁者が「神」になる中国 無神論は本当に危ない

結局、独裁者が「神」になる中国 無神論は本当に危ない

鄭州市にある三自教会の図書室の書棚に並ぶ、中国共産党に関する本。写真:Bitter Winter ウェブサイトより。

 

中国では、習近平国家主席が「新しい神」になろうとしているようです。その状況からは、無神論がいかに人々にとって危険であるかを読み取ることができます。

 

中国では、すべての宗教活動が国家の管理下に入るという法律が、今年2月に制定されました。当局の許可なしには、聖書の学習会もできません。しかし、許可を得るためには、当局が認めた宗教指導者のもとで、当局認定の聖書を使う必要があります。その聖書には、なぜか「孔子」の言葉や、習近平の言葉が引用されている、という具合です。

 

近年、「宗教の中国化」と呼ばれる施策によって、中国国内の宗教活動は骨抜きになっています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 独裁者  中国共産党  習近平  文化大革命  毛沢東  宗教    

Menu

Language