中国はデジタル人民元を導入? 新たに始まるデジタル通貨覇権

中国はデジタル人民元を導入? 新たに始まるデジタル通貨覇権

 

中国が近々、デジタル通貨「デジタル人民元」を発行するのではないか、との見方が広がっています。

 

中国政府系のシンクタンクである中国国際経済交流センターの黄奇帆副理事長は、10月に開かれた講演会で、「(中国の中央銀行である)中国人民銀行(以下、人民銀)は、世界の中央銀行の中で、初めてデジタル通貨を発行するだろう」と述べました。

 

また、中国経済誌「財経」は、中国人民銀行は深セン市と蘇州市でデジタル人民元のテストを開始する見込みがあると報じました(12月9日付電子版)。報道によると、2019年末に小規模な運用を始め、第二段階は深セン市で2020年後半より大規模な運用に取り組むとのことです。

 

ただ、人民銀はデジタル人民元の発行を否定。ネット上で流れているデジタル通貨の発行時期などの情報は、正しくないとしています。

 

もしデジタル人民元を発行すれば、主要国としては初めての試みとなります。本記事では、デジタル人民元とは何なのか、どのような狙いがあるのかについて、考えてみます。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 人民元  デジタル通貨  監視  中国共産党  プライバシー  核ミサイル  

Menu

Language