rss

タグ「核ミサイル」の記事一覧

  • 大川隆法総裁・11回の東京ドーム講演集が発刊 幸福の科学の信仰とは何か?

    2020.10.12
    大川隆法総裁・11回の東京ドーム講演集が発刊 幸福の科学の信仰とは何か?

      『大川隆法 東京ドーム講演集』 大川隆法著 幸福の科学出版 幸福の科学出版にて購入 Amazonにて購入 「あなたがたの前に立ちたるは、大川隆法であって、大川隆法ではない」   「あなた方の前に立ち、永遠の真理を語るは、エル・カンターレである──」 &nb...

  • 山口敏太郎のX Report 【第91回】

    2020.03.29
    山口敏太郎のX Report 【第91回】

      2020年5月号記事   No. 091   山口敏太郎 X report テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが 宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。   山口敏太郎 (やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市...

  • 中国はデジタル人民元を導入? 新たに始まるデジタル通貨覇権

    2019.12.23
    中国はデジタル人民元を導入? 新たに始まるデジタル通貨覇権

      中国が近々、デジタル通貨「デジタル人民元」を発行するのではないか、との見方が広がっています。   中国政府系のシンクタンクである中国国際経済交流センターの黄奇帆副理事長は、10月に開かれた講演会で、「(中国の中央銀行である)中国人民銀行(以下、人民銀)は、世界の中央銀行の中で、初めてデジタル通貨を発行するだろう」と述べました。 &nbs...

  • ローマ教皇の「核兵器の保有は倫理に反する」発言をどう考える

    2019.11.28
    ローマ教皇の「核兵器の保有は倫理に反する」発言をどう考える

      ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、38年ぶりに日本を訪れました。   被爆地である長崎と広島を訪問し、東日本大震災の被災者との交流や東京ドームでの大規模ミサなども行って、多くの人々を勇気づけました。   一方で教皇は、広島で次のようなスピーチをしています。   「戦争のために原子力を...

  • 元・北朝鮮エリート外交官が来日 「生涯かけて北の体制崩壊のために働きかけたい」

    2019.06.23
    元・北朝鮮エリート外交官が来日 「生涯かけて北の体制崩壊のために働きかけたい」

    金体制の崩壊について力強く語る太永浩氏。   韓国に亡命した北朝鮮の元外交官・太永浩(テ・ヨンホ)氏が20日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見した。   太氏は、駐英北朝鮮大使館の公使を務めていた2016年、妻子とともに脱北。現在は韓国で南北統一に向けて活動している。今回の記者会見は、自身の手記『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』の発...

  • ヒロシマからの祈り 智慧によって「核のない世界」を - 地域シリーズ 広島

    2019.04.29
    ヒロシマからの祈り 智慧によって「核のない世界」を - 地域シリーズ 広島

      2019年6月号記事   地域シリーズ 広島   ヒロシマからの祈り 智慧によって「核のない世界」を   どうすれば世界から核兵器が消えるのか―。 国際情勢が緊迫する中、広島だからこそ言える、 核廃絶への道筋を探った。 (編集部 小川佳世子、片岡眞有子) ...

  • 心の力と信じる力で未来を拓く - 大川隆法総裁 講演会Report 「未来への希望」

    2019.02.28
    心の力と信じる力で未来を拓く - 大川隆法総裁 講演会Report 「未来への希望」

      2019年4月号記事   大川隆法総裁 講演会Report   心の力と信じる力で未来を拓く 「未来への希望」 2019年1月26日 広島県立文化芸術ホール     大川隆法・幸福の科学総裁は1月26日、広島県で「未来への希望」と題して講演した。 ...

  • 「日露平和条約」を年内に結ぶべき理由 プーチン氏の本音は「日米露で中国に対峙する」

    2018.11.12
    「日露平和条約」を年内に結ぶべき理由 プーチン氏の本音は「日米露で中国に対峙する」

      《本記事のポイント》  北方領土解決を優先する安倍首相、平和条約締結を優先するプーチン氏 「日中でアメリカの経済制裁をブロックすることは筋が通らない」 「安倍首相は政治生命をかけて、ロシアと平和条約を結ぶべき」   「北方領土」が先か、「平和条約」が先か、それが問題だ――。 &nbs...

  • オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

    2017.11.30
    オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

    イラスト:菊池としを   2018年1月号記事   オレたちの絆が世界を守る 2018年を「信仰」で読み解く   北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の台頭、宗教紛争など、国際社会は混沌としている。 2018年は、さらに混迷を深めるのか。それとも新たな未来が開かれるのか。カギを握る国のリーダーたちの本心を...

  • 【北朝鮮危機】トランプ“大暴発”こそ「孫子」の定石

    2017.09.28
    【北朝鮮危機】トランプ“大暴発”こそ「孫子」の定石

      《本記事のポイント》 クラウゼヴィッツや孫子の言葉から対北朝鮮戦略を考える 北にとって核はロード・オブ・ザ・リングの「指輪」 金正恩を核で追いつめ、"英雄"として逃がす   アメリカは「外交カード」を切り尽くした感がある。   国連の安全保障理事会は8月上...

Menu

Language