無神論は「子供のためにならない」 子育てにおける宗教の重要な役割

無神論は「子供のためにならない」 子育てにおける宗教の重要な役割

 

ストレスの多い社会において、「いかに情緒の安定した子供を育てるか」ということは切実なテーマでしょう。その文脈で、「宗教」の重要性に目を向ける必要がありそうです。

 

7日付米ウォールストリート・ジャーナル紙に、ユダヤ教徒で精神分析医のエリカ・コミサー氏の寄稿が掲載されました。コミサー氏は、児童や思春期の青年に気分の落ち込みや不安症が流行している理由として「宗教への関心が薄れていること」を挙げています。

 

同氏は、米ハーバード大学の研究で、信仰ある家庭に育ち、週に一度礼拝に出席している子供は、精神的な病気にかかるリスクが少なく、薬物中毒などに陥る割合も低いことを紹介しています。

 

無神論の保護者から「神も天国も信じていないのですが、子供に対して、死についてどのように説明すればいいのでしょう」と質問を受けることがよくあるというコミサー氏は、次のような「"嘘"をつきなさい」とアドバイスするといいます。

 

「『死んだら、灰になる』というのは、一部の大人にはいいのかもしれませんが、子供のためにはなりません。天国を信じることは、子供たちが困難に立ち向かう時の支えになるのです」(コミサー氏)

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 無神論  子育て  宗教  エリカ・コミサー  薬物中毒  不安症  ニヒリズム  人格形成  信仰心  

Menu

Language