映画「ジョーカー」大ヒット 貧しさは、社会のせいなのか - ニュースのミカタ 6

映画「ジョーカー」大ヒット 貧しさは、社会のせいなのか - ニュースのミカタ 6

ヴェネチア国際映画祭で、最高賞となる金獅子賞を受賞した監督のトッド・フィリップス氏(右)と主演のホアキン・フェニックス氏。写真:Denis Makarenko / Shut terstock.com。

 

2020年1月号記事

 

ニュースのミカタ 6

芸能

 

映画「ジョーカー」大ヒット

貧しさは、社会のせいなのか

 

 

 ニュース 

映画「ジョーカー」が話題に

 映画「ジョーカー」が世界で大ヒットしています。世界興行収入は9億8851万ドル(約1075億円)に到達(11月14日時点)。ヴェネチア国際映画祭ではアメリカンコミック映画として初の金獅子賞を受賞し、アカデミー賞では過去最多の16部門ノミネートを果たしています。

 ジョーカーは、アメコミ「バットマン」に登場する悪役です。同映画は、大道芸人をしながらコメディアンに憧れるアーサーが、「悪のカリスマ」ジョーカーに変貌する経緯を描いています。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年1月号記事  ニュースのミカタ  ジョーカー  バットマン  貧困  経済格差  幸せ  成功者  困難  援助  社会主義  

Menu

Language