中国がソロモン諸島の島を75年間租借!? 地方分権が危ない理由

中国がソロモン諸島の島を75年間租借!? 地方分権が危ない理由

 

《本記事のポイント》

  • ソロモン諸島の地方政府が中国企業と島の賃借契約を交わした
  • ソロモン首相は契約の「無効」を宣言
  • 日本が教訓にすべきポイントとは

 

南太平洋にあるソロモン諸島の地方政府が9月22日、同諸島にあるツラギ島を経済特区設立のため中国企業「中国森田」に75年間貸し出す契約を結んでいたことが明らかになった。

 

ツラギ島は、英国統治時代には植民地政庁があり、島内にある水深の深い港は、日本海軍が根拠地として使用していたこともあった。近くには、ガダルカナル島がある。

 

ソロモンと同じく南太平洋に位置するオーストラリアでは、中国による軍事利用への警戒感が強まっている。

 

 

契約は「違法」と首相が宣言

ソロモン諸島は、9月16日に台湾と断交。ツラギ島を巡る契約は、中国との国交樹立直後に、中国企業とソロモン諸島の地方政府との間で行われていた。

 

ソロモン諸島では、海外企業が地方・中央政府と合意を結ぶ場合、司法長官の審査が必要になるが、今回の契約はこの審査を経ていない。そのためソロモン諸島のソガバレ首相は25日、声明を発表。「違法で法的拘束力はない。直ちに終わりだ」とツラギ島を巡る契約の「無効」を宣言している。

 

こうした事態を受けエスパー米国防長官は、ソガバレ首相の無効宣言を「称賛する」との声明を発表している。

 

 

地方分権の危険性

こうした事態は、日本も他人事ではない。

 

沖縄の玉城デニー知事は、「沖縄を一帯一路の出入り口として歓迎する」と発言。「中国へ"朝貢"したい」とも思われかねない状態だ。実際に沖縄では、中国資本による土地買収が進められている。

 

那覇市の中国からの大型クルーズ船が停泊する港のすぐ近くには2015年12月、中国・福州市との友好都市締結30周年の記念事業として、高さ約15メートル・幅3メートルの龍柱が建設された。龍柱は中国皇帝の属国であることを示すため、沖縄が中国の属国と誤解されかねない状況だ。

 

昨今、地方分権をもてはやす声が多い。しかし、「地方自治が国の統治に優先される」状態が横行すると、ソロモン諸島の例のように、地方政府が暴走し、国の主権を脅かす事態を招く可能性もある。警戒を強める必要があるだろう。

(飯田知世)

 

【関連記事】

2019年7月号 拡大する「一帯一路」 「新・黒田バズーカ」で対抗する日本 - ニュースのミカタ 3

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15804

 

2014年10月号 現地ルポ・沖縄が「中国領」になる日 - 11月県知事選で命運が決まる

https://the-liberty.com/article.php?item_id=8305

 

2019年10月12日付本欄 台湾との断交が相次ぐ中、ヨーロッパでは中国へ反発の動きも

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16353

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 中国  ソロモン諸島  賃借契約  玉城デニー  属国  一帯一路  地方分権  

Menu

Language