一定の割合で現金決済を残すべき - あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.3

一定の割合で現金決済を残すべき - あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.3

 

2019年12月号記事

 

あなたのお金が消える
キャッシュレス4つのリスク

 


contents

一定の割合で現金決済を残すべき - あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.3

一定の割合で現金決済を残すべき - あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.3


 

Interview

 

日本も"幸福な監視国家"に?

 

中国政府は、監視手段の一つにキャッシュレスを使っている。中国社会に詳しいジャーナリストに、その実態について聞いた。

 

ジャーナリスト

高口 康太

(たかぐち・こうた)

1976年、千葉県生まれ。ジャーナリスト。千葉大学人文社会科学研究科博士課程単位取得退学。ニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。近著に『中国S級B級論』。

 

Book

『幸福な監視国家・中国』

梶谷 懐、高口 康太 共著

NHK出版新書

 中国のキャッシュレスの普及率は、地域や世代によって大きな隔たりがあります。都市部の若者は、ほぼ100%がキャッシュレスですが、地方は現金決済が中心です。私の中国の友人も、年配の方は現金決済が多いですね。

 中国の生活は、キャッシュレスなどのテクノロジーによって、どんどん便利になっています。これは同時に、政府の監視につながるものですが、99%の中国人はそのことを意識していません。

 

次ページからのポイント(有料記事)

監視社会は世界の趨勢

きちんと考えて答えを出す

情報を出せば出すほど利便性が上がるが、監視も強まる

キャッシュレスとの正しい付き合い方

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年12月号記事  キャッシュレス  リスク  著名知識人  高口康太  監視国家  中国  現金決済  善悪  独禁法  オプトアウト  

Menu

Language