開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン - イランは本当に 「悪」なのか?

開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン - イランは本当に 「悪」なのか?

 

2019年9月号記事

 

開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン

イランは本当に「悪」なのか?

 

アメリカとイランは一触即発の状態だ。トランプ米政権はイラン攻撃も辞さない構えを見せている。

イラン情勢をどのように見ればよいのか。

(編集部 長華子、山本泉)

 

 アメリカとイランの対立がエスカレートしている。

 イランがアメリカの無人偵察機を撃ち落としたとして、トランプ大統領が攻撃を命令。実行10分前に中止されたが、いつ偶発的な紛争が起きてもおかしくない(7月19日時点)。

 

 

 

アメリカの核合意離脱が原因

イランでは女性の権利が守られていないとされているが、女性の高学歴化が進んでいる。写真提供:在東京イラン・イスラム共和国大使館。

 対立の原因は、アメリカの「イラン核合意」からの離脱だ。

 オバマ前政権下の2015年、イランと米英仏独中露は、イランへの制裁緩和の見返りに、核兵器の原料となるウランの濃縮活動を制限することで合意。濃縮度が、核兵器使用レベルになるまで1年以上要するように設定した。

 しかしトランプ政権は、「15年間を過ぎたら核開発が可能となる合意には欠陥がある」として18年5月に核合意から離脱。その上で、ミサイル開発の停止、レバノンのヒズボラなどの武装組織への支援停止をはじめとする、12項目の要求リストをイランに突きつけた。この項目を含んだ新たな合意を結ぶため、イランへの経済制裁も再開した。

 こうしたアメリカの姿勢に、当然イラン側は反発。「圧力の下での交渉はしない」と、制裁解除を対話の条件としている。7月8日には、核合意の基準を超えた濃縮ウラン製造を始めたことを表明した。これを受けてトランプ大統領は「イランは気をつけたほうがいい」と強くけん制した。

 ここに長年イランと対立しているイスラエルも口を挟む。ネタニヤフ首相は「(ウラン濃縮は)核兵器製造の準備」だとして、英仏独3カ国に、対イラン制裁強化に踏み切るように要請した。

 イランは核兵器保有の意図を否定しながらも、今後もアメリカの出方次第で、ウランの濃縮度を高める遠心分離機の稼動数を増やすとしている。

 この情勢をどう見たらよいか。3人の専門家に聞いた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

外交評論家 加瀬英明氏インタビュー

現代イスラム研究センター理事長 宮田律氏インタビュー

米ジョージタウン大学教授 ジョン・ルイス・エスポジット氏インタビュー

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年9月号記事  イラン  アメリカ  イスラエル  加瀬英明  宮田律  著名知識人  ジョン・ルイス・エスポジット  キリスト教  イスラム教  

Menu

Language