エスカレートするアメリカとイランの対立 背景にあるイスラエルの拡張主義

 

アメリカ・イスラエルとイランとの言葉による応酬がエスカレートしています。

 

象徴的なのが、ペンス副大統領が8日、イスラエルのためのキリスト教徒連合(CUFI)の年次サミットで行った演説です。

 

「先週イランは保有できる低濃縮ウランの量を超えました。イランは、アメリカの自制をアメリカに決意がないと混同すべきではないということです。我々はイランへの経済に圧力をかけ続けます。ドナルド・トランプ大統領のもとで、イランが核兵器を入手することは決して許しません」

 

またアメリカは、ウィーンで開かれた国際原子力機関(IAEA)の特別理事会において、「イランが核合意違反で緊張を高めている」と非難。「理事会は一致してイランが合意に戻るよう、声を上げるべきだ」との声明を出しました。

 

また先週、イランの有力国会議員が「アメリカがイランを攻撃すれば、イスラエルは30分以内に破壊されるだろう」と述べ、アメリカの同盟国イスラエルを報復対象にする構えを示すと、イランのネタニヤフ首相は9日、「我々の戦闘機F35は、イランに到達可能だ」と警告しました。

 

 

アメリカはなぜイスラエル寄りなのか

しかしイスラエルが保有する核は推定で100発以上と言われます。アメリカは核拡散防止条約(NPT)への参加を促すことはせず、年30億ドルを超える軍事援助も行っています。

 

アメリカがイスラエルを徹底して擁護するのは、福音派やイスラエル・ロビーの影響があります。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language