幸福の科学や芸能事務所が大川宏洋氏を名誉毀損で提訴

幸福の科学や芸能事務所が大川宏洋氏を名誉毀損で提訴

 

幸福の科学と同教団が運営する芸能事務所「ARI Production」「ニュースター・プロダクション」が28日、複数のユーチューブ動画で、名誉を著しく毀損されたとして、大川宏洋氏に計2000万円の損害賠償などを求め、東京地裁に提訴した。

 

訴状の内容は明らかになっていないが、宏洋氏は同教団で理事長職も務めたこともある人物。その宏洋氏が昨年の夏以降、ユーチューブで、幸福の科学やその関係者を誹謗中傷し続けている。

 

動画は、「教団の中でいっぱい人が死んでいる」などの嘘をついて、視聴者に「カルト」であるかのようなイメージを持たせ、社会的信用を落とそうとする、ひどい内容だ。

 

 

抗議の書面を動画で取り上げ、さらに揶揄・挑発する

これまで教団は動画の内容などについて、書面を通じて宏洋氏に何度も抗議を重ねてきたが、本人からの返答がないばかりか、宏洋氏は送られてきた書面の内容を動画の中で取り上げ、揶揄したり、挑発したりして"ネタ"にしている。

 

こうした行動をやめないため、ついに幸福の科学は25日付で、宏洋氏を懲戒免職処分にした(2019年6月26日付本欄 幸福の科学が大川宏洋氏を懲戒免職処分 参照)。

 

宏洋氏は、自身の女性問題や仕事能力の不足などが原因で芸能事務所の社長を解任され、そうしたことを根に持つなどして教団を飛び出した。

 

最近は、そんな宏洋氏が発信する嘘を、一部の週刊誌や月刊誌が取り上げている。

 

だが、社会に間違った情報を垂れ流し、個人や組織を傷つけるという意味における"反社会的勢力"の宏洋氏とは距離を置くべきではないか。

 

【関連記事】

2019年6月27日付本欄 嘘をつくことは「言論の自由」ではない 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(3)】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15955

 

2019年6月26日付本欄 「なりきる」ことを霊言と称する宗教的教養の足りなさ 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(2)】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15948

 

2019年6月26日付本欄 宏洋氏が主張する「神託結婚」はまったくの嘘 【宏洋氏・保守雑誌「WiLL」の嘘(1)】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15946

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 大川宏洋  損害賠償  提訴  名誉毀損  懲戒免職  

Menu

Language