01 教育・住宅費は今より2千万円安くなる - 子育て世代が選ぶ参院選

01 教育・住宅費は今より2千万円安くなる - 子育て世代が選ぶ参院選

モデル:水月ゆうこ、佐藤由紀子ほか カメラマン:大滝政文 撮影場所:衆議院憲政記念館

 

2019年6月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.07

 

教育・住宅費は今より2千万円安くなる

子育て世代が選ぶ参院選

 

「もう1人子どもがほしい」と思いながら、諦める夫婦は多いのではないか。

ボトルネックになっているのは高い教育・住宅費だ。

1世帯の家計負担を安くする方法について考えた。

(編集部 山本慧、駒井春香、山本泉)

 


contents


 

 

待機児童が問題になっている地域なので、保育園はもちろん、幼稚園でさえ入れるか怪しい。
それがかなりの悩みの種。(30代)

 

子供は3人が理想だけど、学費考えると1人限界。(20代)

 

子供の学費を考えて、学資保険などに加入したけど、将来を考えると不安。
子供を増やせない。(30代)

 

都市部の家賃高い
マンションも狭くて、まるでハムスターの家みたい。(20代)

 

地方だと、東京と同じ家賃でも、もっと好条件の家に住めるのに。(30代)

 

職場から自宅まで片道1時間半もかかって、不便。(20代)

 

 

次ページからのポイント

無償化よりも「稼げる」教育を

保育料の無償化で家計は助かりますが……

学校の勉強だけじゃ足りず、塾代がばかになりません!

高等教育の無償化は格差を是正する?

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年6月号記事  教育  住宅費  学費  待機児童  税金  塾費用  著名知識人  森口朗  渡瀬裕哉  実学  家賃  

Menu

Language