不正統計で大炎上 "発覚"したのは消費増税の後遺症 - ニュースのミカタ 2

不正統計で大炎上 "発覚"したのは消費増税の後遺症 - ニュースのミカタ 2

写真:つのだよしお/アフロ

 

2019年4月号記事

 

ニュースのミカタ 2

政治

 

不正統計で大炎上

"発覚"したのは消費増税の後遺症

 

 賃金統計の「不正」の次は、「低迷」に目を向けるべきです。

 国会を騒がせている不正統計問題。槍玉に挙がっているのが、厚生労働省がつくっている「毎月勤労統計」です。これは、日本中の企業を調査し、人々の賃金水準などを知るもの。「政府の経済政策が上手くいっているかどうか」を測る統計です。

 

 

発覚した二つの不正

 飛行機でいう「高度メーター」に当たる重要な指標ですが、ここに二つの不正がありました。

 一つ目は、「調査方法の嘘」によって、「賃金額がずっと"底下げ"されてきた」ことです。

 厚労省は、本来定められた方法とは異なる方法で調査していました。その結果、2004年から人々の賃金が本来より少なく算出され続けてきたのです。

 雇用保険などは、平均的な賃金水準に基づいて支給されます。今まで少なく支払われてきた関係者を中心に、怒りの声があがっています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  ニュースのミカタ  毎月勤労統計  不正統計  消費増税  実質賃金  アベノミクス  好景気  底上げ  厚労省  

Menu

Language