過疎の町でも人口は増やせる - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part1

過疎の町でも人口は増やせる - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part1

イラスト:つかもとゆか

 

2019年4月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.05

 

人口減少ニッポン

「稼ぐまち」が人口を増やす

 

日本の人口は、8年連続で減少している。特に地方は人口減少が顕著だ。

安倍政権も対策を取ろうとしているが、あまりうまくいっていない。

人口を増やし、日本を活性化させるには、どうしたらよいのか。

(編集部 山本慧、長華子、山本泉)

 

人口増加への5つの方法

第一次産業の収入を増やす→本誌22ページ

公有地の再開発→本誌30ページ

減税で地方を活性化→本誌35ページ

外国人の受け入れ→本誌38ページ

交通インフラの整備→本誌39ページ

 


contents


 

 日本は「人口減少」という危機に直面している。特に人口減少が著しい過疎地では、少子高齢化が急速に進んでいる。

 過疎地の人口は、1960年の1797万人から2015年に977万人へ半減。2040年には若年女性が50%以上減り、さらに人口が1万人未満となり、消滅する可能性が高い市区町村は523(全体の約29%)もあると予測される。

 政治家や役所は、人口増対策として「企業誘致を進める」などと発信している。しかし、よそ者や新しい試みを排除する「村意識」や既得権益を守りたい人たちに阻まれ、結局、何も進まない地域が散見される。

 そのため政府や役所は、改革に及び腰となり、地方創生という名目で補助金をバラまき、財政を圧迫している。補助金に頼らず、地方を活性化させ、人口増加に転じるためには何が必要か。5つの方法を提言したい。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

過疎の町でも人口は増やせる - 島根県の「海士町」「雲南市吉田町」

Interview「稼ぐ農家」のつくり方

漁師の収入3倍増は可能

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  過疎  人口減少  第一次産業  奥田和司  田仲寿夫  高岡裕司  農家  漁業  資源管理  

Menu

Language