トルコが中国のウイグル弾圧を非難 他の中東各国が声を上げられないワケ

 

トルコ外務省が9日、中国政府が新疆ウイグル自治区で行っている収容所での拘束や拷問、洗脳などを「人類にとって大きな恥」とする声明を出して以来、中国の人権弾圧を非難する声が世界で高まっています。

 

トルコ外務省のハミ・アクソイ報道官は「中国がトルコ系少数民族であるウイグル族の基本的人権を尊重し、ただちに収容施設を閉鎖するよう求める」とも述べています。

 

これを受けて中国政府は11日、「中国はトルコに対して厳粛な申し入れを行った。同国の関係者は物事の正誤を見極め、間違いを正すよう期待したい」と発表し、トルコに反発しています。

 

なぜ今、トルコは中国に対して声を上げたのでしょうか。そして、他のイスラム教国はなぜ、同じイスラム教徒への迫害に口をつぐんでいるのでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

2019年2月17日 デイリーニュースクリップ一覧


Menu

Language